2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

頂点ハゲ、若ハゲでお悩みのそこの私

1 :毛無しさん:2007/09/29(土) 15:50:47 ID:sl41DRil
ちんちんナエトル立てすぎワロタwww

2 :毛無しさん:2007/09/29(土) 15:51:23 ID:XtSDUKr6
なんだ?このスレ

3 :毛無しさん:2007/09/29(土) 15:51:48 ID:l7YMljgp
ha?

4 :毛無しさん:2007/09/29(土) 15:52:06 ID:+IeqjX1s
髪の悩みもわかんねぇゆとりは
すっこんでろ

5 :毛無しさん:2007/09/29(土) 15:52:11 ID:5Ozn68E4
ちんちんナエトルの詳細はこちら
http://game11.2ch.net/poke/#3

6 :毛無しさん:2007/09/29(土) 15:52:13 ID:9T1qTvOn
記念真紀子

7 :毛無しさん:2007/09/29(土) 15:52:16 ID:PjUbFAvv
vipのカスが立てたんじゃないの

8 :毛無しさん:2007/09/29(土) 15:52:47 ID:8fHUHAPe
ちんちんナエトルwww

9 :毛無しさん:2007/09/29(土) 15:52:48 ID:+y1oDku/
抜け始めて解る

10 :毛無しさん:2007/09/29(土) 15:52:50 ID:13NPhQUZ
おまえら毛根返してやれよ

11 :毛無しさん:2007/09/29(土) 15:53:48 ID:sl41DRil
ちんちんナエトル

12 :毛無しさん:2007/09/29(土) 15:54:06 ID:5c+3NpXd
毛のあるうちはここに来るな

13 :毛無しさん:2007/09/29(土) 15:59:16 ID:olPxvncI
育毛のアクエリオン

14 :毛無しさん:2007/09/29(土) 16:00:27 ID:j2AZyjCl
あははははあはははは、……あはははは、はほ!げほげほッ!ごほ!

15 :毛無しさん:2007/09/29(土) 16:07:59 ID:Xw5W2VtZ
ちんちんナエトル

16 :毛無しさん:2007/09/29(土) 19:07:57 ID:ofxZtCGi
      ____
     /⌒  ⌒\
   /ィ赱、i .i_r赱ミ.\
  /::::::⌒ ィ'。_。ヽ⌒::::: \  
  |    /_lj_ヽ    |
  \    トェェェェイ   ./   おっおっおっ♪
        `""´ 

17 :毛無しさん:2007/09/30(日) 22:25:53 ID:FDvhZGOT
スレタイ吹いたwwww

18 :毛無しさん:2007/10/03(水) 15:21:53 ID:sjPj5C08
ハゲ!!!!!!!!!!

19 :毛無しさん:2007/11/18(日) 21:13:57 ID:knfWsPOI
      ____
     /⌒  ⌒\
   /ィ赱、i .i_r赱ミ.\
  /::::::⌒ ィ'。_。ヽ⌒::::: \  
  |    /_lj_ヽ    |
  \    トェェェェイ   ./   おっおっおっ♪
        `""´ 


20 :毛無しさん:2007/11/26(月) 06:13:05 ID:jBHknRlu
★★達成密度の考え方の違いから生じる不具合★★

◆表1より、植毛本数と植毛面積が同じ(1cuあたりの本数が同じ)場合、説明される達成密度は同じ筈だが、
  個人のドナー密度に応じて、説明される達成密度と実際の達成密度は違ってくる。

表1                  (絶対密度)
  植毛本数A=植毛面積B×1cuあたりの本数C  ドナー密度D×ドナー面積E=A    説明される達成密度
   4000本     50cu       80本/cu      160本/cu    25.0cu     Y:50% K:50.0%
@ 4000本     50cu       80本/cu      150本/cu    26.7cu     Y:50% K:53.4%(実際は50%)
A 4000本     50cu       80本/cu      140本/cu    28.6cu     Y:50% K:57.2%(実際は50%)
B 4000本     50cu       80本/cu      130本/cu    30.8cu     Y:50% K:61.6%(実際は50%)


◆表2より、Kで説明される達成密度が同じ50%でも、
  個人のドナー密度に応じて、植毛本数や1cuあたりの植毛本数は違ってくる。

表2                    (相対密度)                            (絶対密度)
  ドナー面積E÷植毛面積B=Kで説明される達成密度  ドナー密度D×E=植毛本数A   1cuあたりの本数C
   25cu      50cu          50.0%         160本/cu      4000本   80本/cu(実際も50.0%)
@  25cu      50cu          50.0%         150本/cu      3750本   75本/cu(実際は46.9%)
A  25cu      50cu          50.0%         140本/cu      3500本   70本/cu(実際は43.8%)
B  25cu      50cu          50.0%         130本/cu      3250本   65本/cu(実際は40.6%)

★日本人の平均ドナー密度は、ドナー全体でAの140本/cu(後頭部160本/cu、側頭部112〜120本/cu)
  [Y掲示板No.10656]
★世界中でほとんどの植毛医がイメージする達成密度の100%とは、後頭部の平均ドナー密度。
  (日本人は80FU/cu=160本/cu)[Y掲示板No.8426]

21 :毛無しさん:2007/11/26(月) 06:25:28 ID:jBHknRlu
★★達成密度の考え方の違いから生じる不具合★★

◆表1より、植毛本数と植毛面積が同じ(1cuあたりの本数が同じ)場合、説明される達成密度は同じ筈だが、
  個人のドナー密度に応じて、説明される達成密度と実際の達成密度は違ってくる。

表1                  (絶対密度)
  植毛本数A=植毛面積B×1cuあたりの本数C  ドナー密度D×ドナー面積E=A    説明される達成密度
   4000本     50cu       80本/cu      160本/cu    25.0cu     Y:50% K:50.0%
@ 4000本     50cu       80本/cu      150本/cu    26.7cu     Y:50% K:53.4%(実際は50%)
A 4000本     50cu       80本/cu      140本/cu    28.6cu     Y:50% K:57.2%(実際は50%)
B 4000本     50cu       80本/cu      130本/cu    30.8cu     Y:50% K:61.6%(実際は50%)


◆表2より、Kで説明される達成密度が同じ50%でも、
  個人のドナー密度に応じて、植毛本数や1cuあたりの植毛本数は違ってくる。
  特

表2                    (相対密度)                            (絶対密度)
  ドナー面積E÷植毛面積B=Kで説明される達成密度  ドナー密度D×E=植毛本数A   1cuあたりの本数C
   25cu      50cu          50.0%         160本/cu      4000本   80本/cu(実際も50.0%)
@  25cu      50cu          50.0%         150本/cu      3750本   75本/cu(実際は46.9%)
A  25cu      50cu          50.0%         140本/cu      3500本   70本/cu(実際は43.8%)
B  25cu      50cu          50.0%         130本/cu      3250本   65本/cu(実際は40.6%)

★日本人の平均ドナー密度は、ドナー全体でAの140本/cu(後頭部160本/cu、側頭部112〜120本/cu)
  [Y掲示板No.10656]
★世界中でほとんどの植毛医がイメージする達成密度の100%とは、後頭部の平均ドナー密度。
  (日本人は80FU/cu=160本/cu)[Y掲示板No.8426]

22 :毛無しさん:2007/11/26(月) 07:13:14 ID:jBHknRlu
★★達成密度の考え方の違いから生じる不具合★★

◆表1より、植毛本数と植毛面積が同じ(1cuあたりの本数が同じ)場合、説明される達成密度は一定だが
  ドナー密度に応じて、Kで説明される達成密度は実際の数値と違ってくる。
  特に@〜Bの160本/cu以下では、実際の数値より跳ね上がる。

表1                  (絶対密度)
  植毛本数A=植毛面積B×1cuあたりの本数C  ドナー密度D×ドナー面積E=A    説明される達成密度
   4000本     50cu       80本/cu      160本/cu    25.0cu     Y:50% K:50.0%
@ 4000本     50cu       80本/cu      150本/cu    26.7cu     Y:50% K:53.4%(実際50%)
A 4000本     50cu       80本/cu      140本/cu    28.6cu     Y:50% K:57.2%(実際50%)
B 4000本     50cu       80本/cu      130本/cu    30.8cu     Y:50% K:61.6%(実際50%)


◆表2より、Kで説明される達成密度が同じ50%でも
  ドナー密度に応じて、(1cuあたりの)植毛本数は違ってくる。
  特に@〜Bの160本/cu以下では、その数は減る。

表2                    (相対密度)                            (絶対密度)
  ドナー面積E÷植毛面積B=Kで説明される達成密度  ドナー密度D×E=植毛本数A   1cuあたりの本数C
   25cu      50cu      

23 :毛無しさん:2007/11/26(月) 09:46:40 ID:jBHknRlu
★★の考え方の違いによる不具合★★

植毛本数と植毛面積が同じ(1cuあたりの本数が同じ)場合、達成密度は一定だが
ドナー密度に応じて、Kで説明される達成密度は実際の数値と違ってくる。
特に下記@〜Bの160本/cu以下では実際の数値より跳ね上がる。

表1                  (絶対密度)
  植毛本数A=植毛面積B×1cuあたりの本数C  ドナー密度D×ドナー面積E=A   説明される達成密度
   4000本     50cu       80本/cu      160本/cu    25.0cu     Y:50% K:50.0%
@ 4000本     50cu       80本/cu      150本/cu    26.7cu     Y:50% K:53.4%(実際50%)
A 4000本     50cu       80本/cu      140本/cu    28.6cu     Y:50% K:57.2%(実際50%)
B 4000本     50cu       80本/cu      130本/cu    30.8cu     Y:50% K:61.6%(実際50%)


Kで説明される達成密度が同じでも、ドナー密度に応じて、(1cuあたりの)植毛本数は違ってくる。
特に下記@〜Bの160本/cu以下ではその数は減る。

表2                    (相対密度)                            (絶対密度)
  ドナー面積E÷植毛面積B=Kで説明される達成密度  ドナー密度D×E=植毛本数A  1cuあたりの本数C
   25cu      50cu          50.0%         160本/cu      4000本   80本/cu(実際50.0%)
@  25cu      50cu          50.0%         150本/cu      3750本   75本/cu(実際46.9%)
A  25cu      50cu          50.0%         140本/cu      3500本   70本/cu(実際43.8%)
B  25cu      50cu          50.0%         130本/cu      3250本   65本/cu(実際40.6%)

★日本人の平均ドナー密度は、ドナー全体でAの140本/cu(後頭部160本/cu、側頭部112〜120本/cu)
  [Y掲示板No.10656]
★世界中で殆どの植毛医がイメージする達成密度の100%は
  後頭部の平均ドナー密度(日本人は80FU/cu=160本/cu)[Y掲示板No.8426]

24 :毛無しさん:2007/11/26(月) 09:50:12 ID:jBHknRlu
★★達成密度の考え方の違いによる不具合★★

植毛本数と植毛面積が同じ(1cuあたりの本数が同じ)場合、達成密度は一定だが
ドナー密度に応じて、Kで説明される達成密度は実際の数値と異なる。
特に下記@〜Bの160本/cu以下では実際の数値より跳ね上がる。

表1                  (絶対密度)
  植毛本数A=植毛面積B×1cuあたりの本数C  ドナー密度D×ドナー面積E=A   説明される達成密度
   4000本     50cu       80本/cu      160本/cu    25.0cu     Y:50% K:50.0%
@ 4000本     50cu       80本/cu      150本/cu    26.7cu     Y:50% K:53.4%(実際50%)
A 4000本     50cu       80本/cu      140本/cu    28.6cu     Y:50% K:57.2%(実際50%)
B 4000本     50cu       80本/cu      130本/cu    30.8cu     Y:50% K:61.6%(実際50%)


Kで説明される達成密度が同じでも、ドナー密度に応じて、(1cuあたりの)植毛本数は異なる。
特に下記@〜Bの160本/cu以下ではその数が減る。

表2                    (相対密度)                            (絶対密度)
  ドナー面積E÷植毛面積B=Kで説明される達成密度  ドナー密度D×E=植毛本数A  1cuあたりの本数C
   25cu      50cu          50.0%         160本/cu      4000本   80本/cu(実際50.0%)
@  25cu      50cu          50.0%         150本/cu      3750本   75本/cu(実際46.9%)
A  25cu      50cu          50.0%         140本/cu      3500本   70本/cu(実際43.8%)
B  25cu      50cu          50.0%         130本/cu      3250本   65本/cu(実際40.6%)

★日本人の平均ドナー密度は、ドナー全体でAの140本/cu(後頭部160本/cu、側頭部112〜120本/cu)
  [Y掲示板No.10656]
★世界中で殆どの植毛医がイメージする達成密度の100%は
  後頭部の平均ドナー密度(日本人は80FU/cu=160本/cu)[Y掲示板No.8426]

25 :毛無しさん:2007/11/26(月) 10:12:03 ID:jBHknRlu
★★達成密度の考え方の違いによる不具合★★

植毛本数と植毛面積が同じ(1cuあたりの本数が同じ)場合、達成密度は一定だが
個人のドナー密度に応じて、Kで説明される達成密度は実際の数値と異なる。
特に160本/cu以下(下記@〜B)では実際の数値より跳ね上がる。

表1                 (絶対密度)
 植毛本数A=植毛面積B×1cuあたりの本数C  ドナー密度D×ドナー面積E=A   説明される達成密度
   4000本     50cu       80本/cu      160本/cu    25.0cu     Y:50% K:50.0%
@ 4000本     50cu       80本/cu      150本/cu    26.7cu     Y:50% K:53.4%(実際50%)
A 4000本     50cu       80本/cu      140本/cu    28.6cu     Y:50% K:57.2%(実際50%)
B 4000本     50cu       80本/cu      130本/cu    30.8cu     Y:50% K:61.6%(実際50%)


Kで説明される達成密度が同じでも、個人のドナー密度に応じて、(1cuあたりの)植毛本数は異なる。
特に160本/cu以下(下記@〜B)ではその数が減る。

表2                   (相対密度)                            (絶対密度)
 ドナー面積E÷植毛面積B=Kで説明される達成密度  ドナー密度D×E=植毛本数A  1cuあたりの本数C
   25cu      50cu          50.0%         160本/cu      4000本   80本/cu(実際50.0%)
@ 25cu      50cu          50.0%         150本/cu      3750本   75本/cu(実際46.9%)
A 25cu      50cu          50.0%         140本/cu      3500本   70本/cu(実際43.8%)
B 25cu      50cu          50.0%         130本/cu      3250本   65本/cu(実際40.6%)

★日本人の平均ドナー密度は、ドナー全体でAの140本/cu(後頭部160本/cu、側頭部112〜120本/cu)
  [Y掲示板No.10656]
★世界中で殆どの植毛医がイメージする達成密度の100%は
  後頭部の平均ドナー密度(日本人は80FU/cu=160本/cu)[Y掲示板No.8426]

26 :毛無しさん:2007/11/26(月) 10:13:11 ID:jBHknRlu
★★達成密度の考え方の違いによる不具合★★

植毛本数と植毛面積が同じ(1cuあたりの本数が同じ)場合、達成密度は一定だが
個人のドナー密度に応じて、Kで説明される達成密度は実際の数値と異なる。
特に160本/cu以下(下記@〜B)では実際の数値より跳ね上がる。

表1                  (絶対密度)
 植毛本数A=植毛面積B×1cuあたりの本数C  ドナー密度D×ドナー面積E=A   説明される達成密度
   4000本     50cu       80本/cu      160本/cu    25.0cu     Y:50% K:50.0%
@ 4000本     50cu       80本/cu      150本/cu    26.7cu     Y:50% K:53.4%(実際50%)
A 4000本     50cu       80本/cu      140本/cu    28.6cu     Y:50% K:57.2%(実際50%)
B 4000本     50cu       80本/cu      130本/cu    30.8cu     Y:50% K:61.6%(実際50%)


Kで説明される達成密度が同じでも、個人のドナー密度に応じて、(1cuあたりの)植毛本数は異なる。
特に160本/cu以下(下記@〜B)ではその数が減る。

表2                    (相対密度)                           (絶対密度)
 ドナー面積E÷植毛面積B=Kで説明される達成密度  ドナー密度D×E=植毛本数A  1cuあたりの本数C
   25cu      50cu          50.0%         160本/cu      4000本   80本/cu(実際50.0%)
@ 25cu      50cu          50.0%         150本/cu      3750本   75本/cu(実際46.9%)
A 25cu      50cu          50.0%         140本/cu      3500本   70本/cu(実際43.8%)
B 25cu      50cu          50.0%         130本/cu      3250本   65本/cu(実際40.6%)

★日本人の平均ドナー密度は、ドナー全体でAの140本/cu(後頭部160本/cu、側頭部112〜120本/cu)
  [Y掲示板No.10656]
★世界中で殆どの植毛医がイメージする達成密度の100%は
  後頭部の平均ドナー密度(日本人は80FU/cu=160本/cu)[Y掲示板No.8426]

27 :毛無しさん:2007/11/26(月) 10:15:53 ID:jBHknRlu
★★達成密度の考え方の違いによる不具合★★

植毛本数と植毛面積が同じ(1cuあたりの本数が同じ)場合、達成密度は一定だが
個人のドナー密度に応じて、Kで説明される達成密度は実際の数値と違ってくる。
特に160本/cu以下(下記@〜B)では実際の数値より跳ね上がる。

表1                  (絶対密度)
 植毛本数A=植毛面積B×1cuあたりの本数C  ドナー密度D×ドナー面積E=A   説明される達成密度
   4000本     50cu       80本/cu      160本/cu    25.0cu     Y:50% K:50.0%
@ 4000本     50cu       80本/cu      150本/cu    26.7cu     Y:50% K:53.4%(実際50%)
A 4000本     50cu       80本/cu      140本/cu    28.6cu     Y:50% K:57.2%(実際50%)
B 4000本     50cu       80本/cu      130本/cu    30.8cu     Y:50% K:61.6%(実際50%)


Kで説明される達成密度が同じでも、個人のドナー密度に応じて、実際の達成密度は違ってくる。
特に160本/cu以下(下記@〜B)では低くなる。

表2                    (相対密度)                           (絶対密度)
 ドナー面積E÷植毛面積B=Kで説明される達成密度  ドナー密度D×E=植毛本数A  1cuあたりの本数C
   25cu      50cu          50.0%         160本/cu      4000本   80本/cu(実際50.0%)
@ 25cu      50cu          50.0%         150本/cu      3750本   75本/cu(実際46.9%)
A 25cu      50cu          50.0%         140本/cu      3500本   70本/cu(実際43.8%)
B 25cu      50cu          50.0%         130本/cu      3250本   65本/cu(実際40.6%)

★日本人の平均ドナー密度は、ドナー全体でAの140本/cu(後頭部160本/cu、側頭部112〜120本/cu)
  [Y掲示板No.10656]
★世界中で殆どの植毛医がイメージする達成密度の100%は
  後頭部の平均ドナー密度(日本人は80FU/cu=160本/cu)[Y掲示板No.8426]

28 :毛無しさん:2007/11/26(月) 10:30:48 ID:jBHknRlu
★★達成密度の考え方の違いによる不具合★★

植毛本数と植毛面積が同じ(1cuあたりの本数が同じ)場合、達成密度は一定だが
個人のドナー密度に応じて、Kで説明される達成密度は実際の数値と違ってくる。
特に160本/cu以下(下記@〜B)では実際の数値より跳ね上がる。

表1                  (絶対密度)
 植毛本数A=植毛面積B×1cuあたりの本数C  ドナー密度D×ドナー面積E=A   説明される達成密度
   4000本     50cu       80本/cu     160本/cu    25.0cu     Y:50% K:50.0%
@ 4000本     50cu       80本/cu     150本/cu    26.7cu     Y:50% K:53.4%(実際50%)
A 4000本     50cu       80本/cu     140本/cu    28.6cu     Y:50% K:57.2%(実際50%)
B 4000本     50cu       80本/cu     130本/cu    30.8cu     Y:50% K:61.6%(実際50%)


Kで説明される達成密度が同じでも、個人のドナー密度に応じて、実際の達成密度は違ってくる。
特に160本/cu以下(下記@〜B)では実際の数値より低くなる。

表2                    (相対密度)                           (絶対密度)
 ドナー面積E÷植毛面積B=Kで説明される達成密度  ドナー密度D×E=植毛本数A  1cuあたりの本数C
   25cu      50cu          50.0%         160本/cu      4000本   80本/cu(実際50.0%)
@ 25cu      50cu          50.0%         150本/cu      3750本   75本/cu(実際46.9%)
A 25cu      50cu          50.0%         140本/cu      3500本   70本/cu(実際43.8%)
B 25cu      50cu          50.0%         130本/cu      3250本   65本/cu(実際40.6%)

★日本人の平均ドナー密度は、ドナー全体でAの140本/cu(後頭部160本/cu、側頭部112〜120本/cu)
  [Y掲示板No.10656]
★世界中で殆どの植毛医がイメージする達成密度の100%は
  後頭部の平均ドナー密度(日本人は80FU/cu=160本/cu)[Y掲示板No.8426]

29 :毛無しさん:2007/11/26(月) 11:07:57 ID:jBHknRlu
★★達成密度の考え方の違いによる不具合★★

植毛本数と植毛面積が同じ(1cuあたりの本数が同じ)場合、達成密度は一定だが
個人のドナー密度に応じて、Kで説明される達成密度は実際の数値と違ってくる。
特に160本/cu以下(下記@〜B)では実際の数値より跳ね上がる。

表1                  (絶対密度)
 植毛本数A=植毛面積B×1cuあたりの本数C  ドナー密度D×ドナー面積E=A   説明される達成密度
   4000本     50cu       80本/cu     160本/cu    25.0cu     Y:50% K:50.0%
@ 4000本     50cu       80本/cu     150本/cu    26.7cu     Y:50% K:53.4%(実際50%)
A 4000本     50cu       80本/cu     140本/cu    28.6cu     Y:50% K:57.2%(実際50%)
B 4000本     50cu       80本/cu     130本/cu    30.8cu     Y:50% K:61.6%(実際50%)


Kで説明される達成密度が同じでも、個人のドナー密度に応じて、実際の達成密度は違ってくる。
特に160本/cu以下(下記@〜B)では実際の数値より低くなる。

表2                    (相対密度)                           (絶対密度)
 ドナー面積E÷植毛面積B=Kで説明される達成密度  ドナー密度D×E=植毛本数A  1cuあたりの本数C
   25cu      50cu          50.0%         160本/cu      4000本   80本/cu(実際50.0%)
@ 25cu      50cu          50.0%         150本/cu      3750本   75本/cu(実際46.9%)
A 25cu      50cu          50.0%         140本/cu      3500本   70本/cu(実際43.8%)
B 25cu      50cu          50.0%         130本/cu      3250本   65本/cu(実際40.6%)

★日本人の平均ドナー密度は、ドナー全体でAの140本/cu(後頭部160本/cu、側頭部112〜120本/cu)
  [Y掲示板No.10656]
★世界中で殆どの植毛医がイメージする達成密度の100%は
  後頭部の平均ドナー密度(日本人は80FU/cu=160本/cu)[Y掲示板No.8426]

30 :毛無しさん:2007/11/26(月) 11:08:46 ID:jBHknRlu
★★達成密度の考え方の違いによる不具合★★

植毛本数と植毛面積が同じ(1cuあたりの本数が同じ)場合、達成密度は一定だが
個人のドナー密度に応じて、Kで説明される達成密度は実際の数値と違ってくる。
特に160本/cu以下(下記@〜B)では実際の数値より跳ね上がる。

表1                  (絶対密度)
 植毛本数A=植毛面積B×1cuあたりの本数C  ドナー密度D×ドナー面積E=A   説明される達成密度
   4000本     50cu       80本/cu     160本/cu    25.0cu     Y:50% K:50.0%
@ 4000本     50cu       80本/cu     150本/cu    26.7cu     Y:50% K:53.4%(実際50%)
A 4000本     50cu       80本/cu     140本/cu    28.6cu     Y:50% K:57.2%(実際50%)
B 4000本     50cu       80本/cu     130本/cu    30.8cu     Y:50% K:61.6%(実際50%)


Kで説明される達成密度が同じでも、個人のドナー密度に応じて、実際の達成密度は違ってくる。
特に160本/cu以下(下記@〜B)では実際の数値より低くなる。

表2                    (相対密度)                            (絶対密度)
 ドナー面積E÷植毛面積B=Kで説明される達成密度  ドナー密度D×E=植毛本数A  1cuあたりの本数C
   25cu      50cu          50.0%         160本/cu      4000本   80本/cu(実際50.0%)
@ 25cu      50cu          50.0%         150本/cu      3750本   75本/cu(実際46.9%)
A 25cu      50cu          50.0%         140本/cu      3500本   70本/cu(実際43.8%)
B 25cu      50cu          50.0%         130本/cu      3250本   65本/cu(実際40.6%)

★日本人の平均ドナー密度は、ドナー全体でAの140本/cu(後頭部160本/cu、側頭部112〜120本/cu)
  [Y掲示板No.10656]
★世界中で殆どの植毛医がイメージする達成密度の100%は
  後頭部の平均ドナー密度(日本人は80FU/cu=160本/cu)[Y掲示板No.8426]

31 :毛無しさん:2007/11/26(月) 11:09:24 ID:jBHknRlu
★★達成密度の考え方の違いによる不具合★★

植毛本数と植毛面積が同じ(1cuあたりの本数が同じ)場合、達成密度は一定だが
個人のドナー密度に応じて、Kで説明される達成密度は実際の数値と違ってくる。
特に160本/cu以下(下記@〜B)では実際の数値より跳ね上がる。

表1                  (絶対密度)
 植毛本数A=植毛面積B×1cuあたりの本数C  ドナー密度D×ドナー面積E=A   説明される達成密度
   4000本     50cu       80本/cu     160本/cu    25.0cu     Y:50% K:50.0%
@ 4000本     50cu       80本/cu     150本/cu    26.7cu     Y:50% K:53.4%(実際50%)
A 4000本     50cu       80本/cu     140本/cu    28.6cu     Y:50% K:57.2%(実際50%)
B 4000本     50cu       80本/cu     130本/cu    30.8cu     Y:50% K:61.6%(実際50%)


Kで説明される達成密度が同じでも、個人のドナー密度に応じて、実際の達成密度は違ってくる。
特に160本/cu以下(下記@〜B)では実際の数値より低くなる。

表2                    (相対密度)                            (絶対密度)
 ドナー面積E÷植毛面積B=Kで説明される達成密度  ドナー密度D×E=植毛本数A  1cuあたりの本数C
   25cu      50cu          50.0%         160本/cu      4000本   80本/cu(実際50.0%)
@ 25cu      50cu          50.0%         150本/cu      3750本   75本/cu(実際46.9%)
A 25cu      50cu          50.0%         140本/cu      3500本   70本/cu(実際43.8%)
B 25cu      50cu          50.0%         130本/cu      3250本   65本/cu(実際40.6%)

★日本人の平均ドナー密度は、ドナー全体でAの140本/cu(後頭部160本/cu、側頭部112〜120本/cu)
  [Y掲示板No.10656]
★世界中で殆どの植毛医がイメージする達成密度の100%は
  後頭部の平均ドナー密度(日本人は80FU/cu=160本/cu)[Y掲示板No.8426]

32 :毛無しさん:2007/11/26(月) 11:10:06 ID:jBHknRlu
★★達成密度の考え方の違いによる不具合★★

植毛本数と植毛面積が同じ(1cuあたりの本数が同じ)場合、達成密度は一定だが
個人のドナー密度に応じて、Kで説明される達成密度は実際の数値と違ってくる。
特に160本/cu以下(下記@〜B)では実際の数値より跳ね上がる。

表1                  (絶対密度)
 植毛本数A=植毛面積B×1cuあたりの本数C  ドナー密度D×ドナー面積E=A   説明される達成密度
   4000本     50cu       80本/cu     160本/cu    25.0cu     Y:50% K:50.0%
@ 4000本     50cu       80本/cu     150本/cu    26.7cu     Y:50% K:53.4%(実際50%)
A 4000本     50cu       80本/cu     140本/cu    28.6cu     Y:50% K:57.2%(実際50%)
B 4000本     50cu       80本/cu     130本/cu    30.8cu     Y:50% K:61.6%(実際50%)


Kで説明される達成密度が同じでも、個人のドナー密度に応じて、実際の達成密度は違ってくる。
特に160本/cu以下(下記@〜B)では実際の数値より低くなる。

表2                    (相対密度)                             (絶対密度)
 ドナー面積E÷植毛面積B=Kで説明される達成密度  ドナー密度D×E=植毛本数A  1cuあたりの本数C
   25cu      50cu          50.0%         160本/cu      4000本   80本/cu(実際50.0%)
@ 25cu      50cu          50.0%         150本/cu      3750本   75本/cu(実際46.9%)
A 25cu      50cu          50.0%         140本/cu      3500本   70本/cu(実際43.8%)
B 25cu      50cu          50.0%         130本/cu      3250本   65本/cu(実際40.6%)

★日本人の平均ドナー密度は、ドナー全体でAの140本/cu(後頭部160本/cu、側頭部112〜120本/cu)
  [Y掲示板No.10656]
★世界中で殆どの植毛医がイメージする達成密度の100%は
  後頭部の平均ドナー密度(日本人は80FU/cu=160本/cu)[Y掲示板No.8426]

33 :毛無しさん:2007/11/26(月) 11:11:27 ID:jBHknRlu
★★達成密度の考え方の違いによる不具合★★

植毛本数と植毛面積が同じ(1cuあたりの本数が同じ)場合、達成密度は一定だが
個人のドナー密度に応じて、Kで説明される達成密度は実際の数値と違ってくる。
特に160本/cu以下(下記@〜B)では実際の数値より跳ね上がる。

表1                  (絶対密度)
 植毛本数A=植毛面積B×1cuあたりの本数C  ドナー密度D×ドナー面積E=A   説明される達成密度
   4000本     50cu       80本/cu     160本/cu    25.0cu     Y:50% K:50.0%
@ 4000本     50cu       80本/cu     150本/cu    26.7cu     Y:50% K:53.4%(実際50%)
A 4000本     50cu       80本/cu     140本/cu    28.6cu     Y:50% K:57.2%(実際50%)
B 4000本     50cu       80本/cu     130本/cu    30.8cu     Y:50% K:61.6%(実際50%)


Kで説明される達成密度が同じでも、個人のドナー密度に応じて、実際の達成密度は違ってくる。
特に160本/cu以下(下記@〜B)では実際の数値より低くなる。

表2                    (相対密度)                             (絶対密度)
 ドナー面積E÷植毛面積B=Kで説明される達成密度  ドナー密度D×E=植毛本数A  1cuあたりの本数C
   25cu      50cu          50.0%         160本/cu      4000本   80本/cu(実際50.0%)
@ 25cu      50cu          50.0%         150本/cu      3750本   75本/cu(実際46.9%)
A 25cu      50cu          50.0%         140本/cu      3500本   70本/cu(実際43.8%)
B 25cu      50cu          50.0%         130本/cu      3250本   65本/cu(実際40.6%)

★日本人の平均ドナー密度は、ドナー全体でAの140本/cu(後頭部160本/cu、側頭部112〜120本/cu)
  [Y掲示板No.10656]
★世界中で殆どの植毛医がイメージする達成密度の100%は
  後頭部の平均ドナー密度(日本人は80FU/cu=160本/cu)[Y掲示板No.8426]

34 :毛無しさん:2007/11/26(月) 14:27:41 ID:jBHknRlu
■■『Y荒らし』ほかの特徴■■

●問題になる『Y荒らし』の投稿は主に以下の内容が多い●

@抽象的で根拠ないY叩き。具体性・信憑性がない。⇒ 具体的な質問をされると返答しない(できない)
A1−3行程度 ⇒ 最近は本指摘後、行数が増加傾向
B単発IDで連続投稿(一人で複数人になりすます)
C連続投稿の時間差2分ぐらいがIDを換える作業をしていると思われ、投稿のタイミングに波がある。
Dアンカーなどを使って他人と会話することは殆どない。(ごく稀に同じIDで、特定の話題を続ける)
E「〜だからダメ」という投稿の直後に、「〜だからYはダメ」と引用してYを叩く。
FKに不都合な話が出ると必ず現れ、Y叩きに話をすり替えたり、
  「俺は間違いなくYで植毛したよ。Yのこと質問してみ。」などと話をそらそうとする。
G証拠を出されてK批判がされると「こいつが、ヨコビの今川!」「今川のKO攻撃が止まらねーな」などと逆ギレ。
H見かねた住人が、時間予告してYの掲示板に不満を書くか、直接Yで診てもらうよう言っても、行動に移さない。
I何故か朝6時過ぎによく登場する。
Jテンプレを気にした文章


●『常識太郎(YAMAちゃん)』の特徴●

@巧妙に捏造した長文の経験談・デマで印象を操作し、K擁護・Y叩きをする(23株目472、24株目183で証明)
AKに不都合な話が出ると、長文レスを続けてY叩きに話をすり替えることが多い。
B「Kなんてどうでもいい」と言いつつも、ひたすらKの症例を並べ立てる。
C本人の自作自演が明白であるのに、「横ヤリすまんが」と発言する。
D他人の推論は「ド素人の推論」と言って許さないが、自分のはOK。
E医師でもない素人であるのに、「外科の常識」と言って説明する常識を持つ。
FKに興味ないふりして証拠を出されてK批判がされたり、『Y荒らし』や『常識太郎(YAMAちゃん)』を
  叩く(工作失敗を指摘する)と、「K叩き?」と被害妄想レスが続く。
  以前は論破されると逃げてばかりだったが、最近は逃げると同時にどっちもどっちという展開にしようとする。

※『Y荒らし』と『常識太郎(YAMAちゃん)』のコンビネーションは抜群。
  一方が窮地に追い込まれると、片方が現れ、話をそらす。同一人物という噂あり。

35 :毛無しさん:2007/11/26(月) 14:30:49 ID:jBHknRlu
■■『Y荒らし』ほかの特徴■■

●問題になる『Y荒らし』の投稿は主に以下の内容が多い●

@抽象的で根拠ないY叩き。具体性・信憑性がない。⇒ 具体的な質問をされると返答しない(できない)
A1−3行程度 ⇒ 最近は本指摘後、行数が増加傾向
B単発IDで連続投稿(一人で複数人になりすます)
C連続投稿の時間差2分ぐらいがIDを換える作業をしていると思われ、投稿のタイミングに波がある。
Dアンカーなどを使って他人と会話することは殆どない。(ごく稀に同じIDで、特定の話題を続ける)
E「〜だからダメ」という投稿の直後に、「〜だからYはダメ」と引用してYを叩く。
FKに不都合な話が出ると必ず現れ、Y叩きに話をすり替えたり、
  「俺は間違いなくYで植毛したよ。Yのこと質問してみ。」などと話をそらそうとする。
G証拠を出されてKが批判されると「こいつが、ヨコビの今川!」「今川のKO攻撃が止まらねーな」などと逆ギレ。
H見かねた住人が、時間予告してYの掲示板に不満を書くか、直接Yで診てもらうよう言っても、行動に移さない。
I何故か朝6時過ぎによく登場する。
Jテンプレを気にした文章


●『常識太郎(YAMAちゃん)』の特徴●

@巧妙に捏造した長文の経験談・デマで印象を操作し、K擁護・Y叩きをする(23株目472、24株目183で証明)
AKに不都合な話が出ると、長文レスを続けてY叩きに話をすり替えることが多い。
B「Kなんてどうでもいい」と言いつつも、ひたすらKの症例を並べ立てる。
C本人の自作自演が明白であるのに、「横ヤリすまんが」と発言する。
D他人の推論は「ド素人の推論」と言って許さないが、自分のはOK。
E医師でもない素人であるのに、「外科の常識」と言って説明する常識を持つ。
FKに興味ないふりして、証拠を出されてKが批判されたり、『Y荒らし』や『常識太郎(YAMAちゃん)』を
  叩く(工作失敗を指摘する)と、「K叩き?」と被害妄想レスが続く。
  以前は論破されると逃げてばかりだったが、最近は逃げると同時にどっちもどっちという展開にしようとする。

※『Y荒らし』と『常識太郎(YAMAちゃん)』のコンビネーションは抜群。
  一方が窮地に追い込まれると、片方が現れ、話をそらす。同一人物という噂あり。

36 :毛無しさん:2007/11/26(月) 16:09:42 ID:jBHknRlu
■■『Y荒らし』ほかの特徴■■

●問題になる『Y荒らし』の投稿は主に以下の内容が多い●

@抽象的で根拠ないY叩き。具体性・信憑性なし。⇒ 具体的な質問をされると返答しない(できない)
A1−3行程度 ⇒ 最近は本指摘後、行数が増加傾向
B単発IDで連続投稿(一人で複数人になりすます)
C連続投稿の時間差2分ぐらいがIDを換える作業をしていると思われ、投稿のタイミングに波がある。
Dアンカーなどを使って他人と会話することは殆どない。(ごく稀に同じIDで、特定の話題を続ける)
E「〜だからダメ」という投稿直後に、「〜だからYはダメ」と引用してYを叩く。
FKに不都合な話が出ると必ず現れ、Y叩きに話をすり替えたり、
  「俺は間違いなくYで植毛したよ。Yのこと質問してみ。」などと話をそらそうとする。
G証拠を出されてKが批判されると「こいつが、ヨコビの今川!」「今川のKO攻撃が止まらねーな」などと逆ギレ。
H見かねた住人が、時間予告してYの掲示板に不満を書くか、直接Yで診てもらうよう言っても、行動に移さない。
I何故か朝6時過ぎによく登場する。
Jテンプレを気にした文章


●『常識太郎(YAMAちゃん)』の特徴●

@巧妙に捏造した長文の経験談・デマで印象を操作し、K擁護・Y叩きをする(23株目472、24株目183で証明)
AKに不都合な話が出ると、長文レスでY叩きに話をすり替える。
B「Kなんてどうでもいい」と言いつつも、ひたすらKの症例を並べ立てる。
C本人の自作自演が明白であるのに、「横ヤリすまんが」と発言する。
D他人の推論は「ド素人の推論」と言って許さないが、自分のはOK。
E医師でもない素人であるのに、「外科の常識」と言って説明する常識を持つ。
FKに興味ないふりして、証拠を出されてKが批判されたり、『Y荒らし』や『常識太郎(YAMAちゃん)』を
  叩く(工作失敗を指摘する)と、「K叩き?」と被害妄想レスが続く。
  以前は論破されると逃げてばかりだったが、最近は逃げると同時にどっちもどっちという展開にしようとする。
GY以外のクリも叩く。

※上記人物のコンビネーションは抜群。一方が窮地に立つと、片方が現れ、話をそらす。同一人物という噂あり。

37 :毛無しさん:2007/11/26(月) 16:11:39 ID:jBHknRlu
■■『Y荒らし』ほかの特徴■■

●問題になる『Y荒らし』の投稿は主に以下の内容が多い●

@抽象的で根拠ないY叩き。具体性・信憑性なし。⇒ 具体的な質問をされると返答しない(できない)
A1−3行程度 ⇒ 最近は本指摘後、行数が増加傾向
B単発IDで連続投稿(一人で複数人になりすます)
C連続投稿の時間差2分ぐらいがIDを換える作業をしていると思われ、投稿のタイミングに波がある。
Dアンカーなどを使って他人と会話することは殆どない。(ごく稀に同じIDで、特定の話題を続ける)
E「〜だからダメ」という投稿直後に、「〜だからYはダメ」と引用してYを叩く。
FKに不都合な話が出ると必ず現れ、Y叩きに話をすり替えたり、
  「俺は間違いなくYで植毛したよ。Yのこと質問してみ。」などと話をそらそうとする。
G証拠を出されてKが批判されると「こいつが、ヨコビの今川!」「今川のKO攻撃が止まらねーな」などと逆ギレ。
H見かねた住人が、時間予告してYの掲示板に不満を書くか、直接Yで診てもらうよう言っても、行動に移さない。
I何故か朝6時過ぎによく登場する。
Jテンプレを気にした文章


●『常識太郎(YAMAちゃん)』の特徴●

@巧妙に捏造した長文の経験談・デマで印象を操作し、K擁護・Y叩きをする(23株目472、24株目183で証明)
AKに不都合な話が出ると、長文レスでY叩きに話をすり替える。
B「Kなんてどうでもいい」と言いつつも、ひたすらKの症例を並べ立てる。
C本人の自作自演が明白であるのに、「横ヤリすまんが」と発言する。
D他人の推論は「ド素人の推論」と言って許さないが、自分のはOK。
E医師でもない素人であるのに、「外科の常識」と言って説明する常識を持つ。
FKに興味ないふりして、証拠を出されてKが批判されたり、『Y荒らし』や『常識太郎(YAMAちゃん)』を
  叩く(工作失敗を指摘する)と、「K叩き?」と被害妄想レスが続く。
  以前は論破されると逃げてばかりだったが、最近は逃げると同時にどっちもどっちという展開にしようとする。
GY以外のクリも叩く。

※上記二人のコンビネーションは抜群。一方が窮地に立つと、片方が現れ、話をそらす。同一人物の可能性あり。

38 :毛無しさん:2007/11/26(月) 16:25:14 ID:jBHknRlu
●●クリニックによる違いB(サービス・対応・ドナー採取法・インフォームドコンセント)●●

★★サービス★★
K…モニター割引制度あり? 植毛体験者の懇談会あり。クリニック環境・当日の食事○。対応△。
Y…モニター制度情報なし(存在するか不明)。アフターフォロー○

★★定着率の説明★★
K…95%以上と説明。
Y…    〃     。

★★ショック(ロス)(植毛時に生じる既存毛の脱毛)の説明★★
K…一時的脱毛、回復する。弱々しい毛は生えてこないかも知れないと説明。
Y…一時的、若しくは永久的脱毛。幾分かは発生する可能性は否定できないと説明。

★★ドナー採取時のロス(毛根切断)の説明★★
K…HPではほぼ言及されていない。(NHT本院のHPではダブルブレードと8〜10枚のマルチブレードを比較している)
Y…マルチブレードだと5〜20%程度生じる可能性あり。シンプルブレードだと2〜3%程度生じる可能性ありと説明。

実際は、
K…座った状態で、2枚刃のダブルブレード(マルチブレード)ナイフを使ってドナーを採取。
Y…うつぶせの状態で、1枚刃のシングルブレートナイフを使い、オープンテクニックでドナーを採取。
※5枚刃などのマルチブレードはもちろん、2枚刃で上下同時にカットするダブルブレードにおいても
  頭皮は球状であり、頭皮とヘアが作る角度(毛皮角)に対して良い角度でメスが入らないことから、
  オープンテクニックが可能なシングルブレードナイフによる採取の方がドナーのロスは少ないとされている。
ttp://www.bosley.jp/02/column_17.html
ttp://www.hairtransplant.com/japanese/qhr.htm
ttp://www.yokobikai.or.jp/hair/hair4.html
ttp://www.yokobikai.or.jp/dotcom/11.html
ttp://www.nagai-clinic.jp/hair_arekore1.html

39 :毛無しさん:2007/11/26(月) 16:27:03 ID:jBHknRlu
●●クリニックによる違いB(サービス・対応・ドナー採取法・インフォームドコンセント)●●

★★サービス★★
K…モニター割引制度あり? 植毛体験者の懇談会あり。クリニック環境・当日の食事○。医師の対応△。
Y…モニター制度情報なし(存在するか不明)。アフターフォロー○

★★定着率の説明★★
K…95%以上と説明。
Y…    〃     。

★★ショック(ロス)(植毛時に生じる既存毛の脱毛)の説明★★
K…一時的脱毛、回復する。弱々しい毛は生えてこないかも知れないと説明。
Y…一時的、若しくは永久的脱毛。幾分かは発生する可能性は否定できないと説明。

★★ドナー採取時のロス(毛根切断)の説明★★
K…HPではほぼ言及されていない。(NHT本院のHPではダブルブレードと8〜10枚のマルチブレードを比較している)
Y…マルチブレードだと5〜20%程度生じる可能性あり。シンプルブレードだと2〜3%程度生じる可能性ありと説明。

実際は、
K…座った状態で、2枚刃のダブルブレード(マルチブレード)ナイフを使ってドナーを採取。
Y…うつぶせの状態で、1枚刃のシングルブレートナイフを使い、オープンテクニックでドナーを採取。
※5枚刃などのマルチブレードはもちろん、2枚刃で上下同時にカットするダブルブレードにおいても
  頭皮は球状であり、頭皮とヘアが作る角度(毛皮角)に対して良い角度でメスが入らないことから、
  オープンテクニックが可能なシングルブレードナイフによる採取の方がドナーのロスは少ないとされている。
ttp://www.bosley.jp/02/column_17.html
ttp://www.hairtransplant.com/japanese/qhr.htm
ttp://www.yokobikai.or.jp/hair/hair4.html
ttp://www.yokobikai.or.jp/dotcom/11.html
ttp://www.nagai-clinic.jp/hair_arekore1.html

40 :毛無しさん:2007/11/26(月) 16:27:51 ID:jBHknRlu
●●クリニックによる違いB(サービス・対応・ドナー採取法・インフォームドコンセント)●●

★★サービス★★
K…モニター割引制度あり? 植毛体験者の懇談会あり。クリニック環境・当日の食事○。医師の対応△。
Y…モニター制度情報なし(存在するか不明)。アフターフォロー○

★★定着率の説明★★
K…95%以上と説明。
Y…    〃     。

★★ショック(ロス)(植毛時に生じる既存毛の脱毛)の説明★★
K…一時的脱毛、回復する。弱々しい毛は生えてこないかも知れないと説明。
Y…一時的、若しくは永久的脱毛。幾分かは発生する可能性は否定できないと説明。

★★ドナー採取時のロス(毛根切断)の説明★★
K…HPではほぼ言及されていない。(NHT本院のHPではダブルブレードと8〜10枚のマルチブレードを比較)
Y…マルチブレードだと5〜20%程度生じる可能性あり。シンプルブレードだと2〜3%程度生じる可能性ありと説明。

実際は、
K…座った状態で、2枚刃のダブルブレード(マルチブレード)ナイフを使ってドナーを採取。
Y…うつぶせの状態で、1枚刃のシングルブレートナイフを使い、オープンテクニックでドナーを採取。
※5枚刃などのマルチブレードはもちろん、2枚刃で上下同時にカットするダブルブレードにおいても
  頭皮は球状であり、頭皮とヘアが作る角度(毛皮角)に対して良い角度でメスが入らないことから、
  オープンテクニックが可能なシングルブレードナイフによる採取の方がドナーのロスは少ないとされている。
ttp://www.bosley.jp/02/column_17.html
ttp://www.hairtransplant.com/japanese/qhr.htm
ttp://www.yokobikai.or.jp/hair/hair4.html
ttp://www.yokobikai.or.jp/dotcom/11.html
ttp://www.nagai-clinic.jp/hair_arekore1.html

41 :毛無しさん:2007/11/26(月) 16:28:47 ID:jBHknRlu
●Kでは、次のa〜cの株を使用する。MFU主体。

a. マイクログラフト(S);Micro Graft 、Single Hair Graft、1hair Follicular Unit
 @[!]・・・1本毛。生え際に使われる。Kでは@・Aをマイクログラフトという。

b. フォリキュラーグラフト(F);FU(Follicular Unit)
 A[!!] B[!!!] C[!!!!]・・・Aは生え際に、B・Cは頭頂部などの生え際以外に使われる。Cは0〜1%。
                KではB・Cをミニグラフトという。
 ※Kではa.b.をまとめてSFU(Single follicular unit)、単にFUともいう。YでいうFUにあたる。

c. マルチ(ダブル)フォリキュラーグラフト(M);MFU(DFU)、Bi-Follicular Units。
 D【! !!】【! !!!】【!! !!】【!! !!!】 ・・・3〜5本。5本を越えないDFU。生え際以外に使われる。
                     MFUは、SFUのの約2倍のグラフトサイズ。
                     昔はミニグラフトとも言われていた。Yでいう2FUにあたる。
*全ての株のうち、cの割合が多い。
  ただし、1本の毛根から3〜4本生えているFU(B・C)が多く取れる人は、
  MFUよりこのFUを使用した方が見た目が良いのでMFUはあまり作られないとの事。

ttp://www.hairtransplant.com/japanese/sub/modified_foll.htm
ttp://www.nhtjapan.com./operation/index.html
[K掲示板No.41-1,No.41-3,No.41-4,No.441-2]

42 :毛無しさん:2007/11/26(月) 16:29:42 ID:jBHknRlu
●その他FU・MFU・機械分けについて●

@MFUとFUのミックス方式は、株数を削減でき、株分け・植え込みにおいて医院側として手間を省けて、
  コスト削減になるため、機械分けと同じく、チェーン展開された医院のほとんどと、
  少数の古くからの有名植毛医(多くはパンチ式から植毛を手がけています)が採用している。

A機械での株分けは、手作業での株分けに比べると、作業の単純化により労力や時間を大幅に省けるが、
  毛根の方向に無関係に機械的に細断して切り分けるので、ドナー毛根の損傷が多くなりがちと言われている。
  そのため、アメリカでは人工毛植毛同様、機械による株分けは既に行われていない。

BMFU株は、最低2つのFU+その間の組織(0.5〜0.8mm)が含まれる為、サイズはFU株の約2倍と大きく、
  スリットもFU株と比べると大きくなり、既存毛へのショックロスや術後のかさぶたも大きく治りが遅いといわれる。

Cグラフトサイズが小さければ小さいほど、グラフト間の植え込みの間隔は狭くなります。
  ttp://www.hairtransplant.com/japanese/sub/densepacking.htm

D1cm四方に1mm径のパンチ穴を15個入れた場合よりも、1mm径のスリットを50個入れた方が、
  頭皮の瘢痕化によるダメージが少ないというデータが出ています。
  大きなスリットは同じ理由で小さなスリットより頭皮に大きなダメージを与える。[Y掲示板No.10703,No.8192]

E株分け時にメスによる毛根の損傷率は?株分けされた株の活力(乾燥による生命力への影響)は?
  MFU側…損傷率はFU>MFU(確率的に考えた場合) 活力はFU<MFU(小さい株ほど乾燥し易い)
  FU側…車の修理工が最近の車は複雑になって故障がおきても修理しにくいとぼやいているのと同じです。
       正確な株分けでは移植毛のダメージは稀です。
       それよりも不適当な方法でのドナー採取時のダメージの方が大きいと思います。[Y掲示板No.10703]

43 :毛無しさん:2007/11/30(金) 12:03:28 ID:itn7LJXX
自毛植毛の総合スレです。テンプレは>>1-24くらい 非常に長いですが初心者は熟読必須。

 ◆前スレ23株目 http://life8.2ch.net/test/read.cgi/hage/1192459615/
 ◆1〜23株目 ttp://upload.suke3chira3.com/3M/index.html?1196387318 のups0379.lzh(ウイルスチェック推奨)

●自毛移植とは?
  →後頭部等のハゲにくい部分の髪の毛を外科的に毛根ごと移植する手術。
    手植え方式、機械方式があるが、機械方式の方が発毛率に劣るとされている。
●ドナーって?
  →移植する毛根または移植毛根を採取する場所のことです。普通は後頭部〜側頭部です。
●スレにでてくるKとかOとかYとかIって何?
  →K=K尾井町 O=O手町 U=U田 Y=Yコ美 I=Iランドタワー
●どうやって毛根を採るの?どうやって植えるの?どんな手術なの?
  →最低限、下記HPは読んでおくこと。焦る気持ちも分かるが自分で理解して手術しないとトラブルのもと。
    また、事前にカウンセリングには絶対いくこと。
  ★YのHPより★
    植毛とは   ttp://www.yokobikai.or.jp/hair/hair1.html
    よくある質問 ttp://www.yokobikai.or.jp/dotcom.html#
  ★KのHPより★
    植毛とは   ttp://www.nhtjapan.com/operation/index.html

■■注意(『Y荒らし』ほかについて)■■
本スレは業者や荒らしによる投稿が非常に多いので、鵜呑みにしないように気をつけること。
特に上記Yクリニックに対する荒らし『Y荒らし』は本スレでは非常に有名であり、過去の経緯から
『手術経験が無いが、業者又は私怨により根拠のない一方的な非難を反復』している。イチイチ相手にしない。OK?

■■『Y荒らし』が好んで良く使われる単語■■ (下記を使う投稿はほとんど『Y荒らし』なのでスルーで)
○低密度 ○スカスカ ○苦情 ○看護師は見習い ○国民生活センター ○I医師を『じいさん、老眼』扱い
○被害者だらけ ○営業 ○金儲け ○セクハラ ○詐欺医院 ○Yで3回でやっとKの1回 ○ウソ
○I医師の名前を連呼 ○ボケ! ○クソ医院 ○Yの自作自演 ○80%の密度 ○7%の密度 ○営業

その他多数、以下は別テンプレ(>>21-22)参照

44 :毛無しさん:2007/11/30(金) 12:08:10 ID:itn7LJXX
落書き、失礼。

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)