2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

***梅毒陽性反応でちゃいますた 4***

1 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:33:56 ID:zR5J4E6f0
現在、少なくなったといわれる梅毒ですが・・・そうでもなくあるとこにはある!

体験談歓迎!

※テンプレは>>2-21あたり
質問は、必ずテンプレに目を通してからお願いします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【過去スレ】
***梅毒陽性反応でちゃいますた 3***
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1171435079/
***梅毒陽性反応でちゃいますた 2***
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1151595559/
***梅毒陽性反応でちゃいますた***
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1112943055/



2 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:34:26 ID:zR5J4E6f0
※梅毒は早期に発見すれば、安全な薬で 完 治 します。
完治すれば再発せず、以降の生活・妊娠・出産等に、全く問題はありません。

○梅毒に関して、古い知識や迷信が横行しています。
まずは自力で検索して、正しい知識を

http://www.google.com/  (PC)
http://www.google.co.jp/imode (携帯)


○同じような質問が過去に出ていないか、先にスレ内を検索
 Ctrl+F (Win)
 Command+F (Mac)
 検索窓が出るので、検索したい単語を入力

※「自分は梅毒でしょうか」と質問する前に
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
掲示板で得られる回答は、病院に行くための予備知識程度
病気は何であれ、素人の自己診断は危険
ネットの書き込みでの診断は、医者でもできない
皮膚疾患は、現物を見なければ分からない
梅毒は、見た目の症状では診断が難しい
患者数が少ないので、梅毒に詳しい医者は少ない
自覚症状が少なく、症状の個人差が大きい
全く自覚症状がない場合(無症候梅毒)もある
確実な診断法は、ほぼ血液検査のみ

「血液検査を受けろ」以外に誠意ある回答は存在しません。
何か症状があるなら、梅毒かどうかはともかく、それは「病気」です。病院に行きましょう。


3 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:34:49 ID:zR5J4E6f0
【関連リンク】

メルクマニュアル 家庭版
ttp://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec17/ch200/ch200b.html
メルクマニュアル(第17版日本語版)
ttp://merckmanual.banyu.co.jp/cgi-bin/disphtml.cgi?url=13/s164.html
国立感染症研究所 感染症情報センター(厚生労働省の試験研究機関)
ttp://idsc.nih.go.jp/iasr/23/266/tpc266-j.html
感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律
ttp://www.sat.affrc.go.jp/joseki/Houki/KOSEIRODOU/3frame_KansenshoYoboho_all.htm

医療安全支援センター
ttp://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anzen/center/taisei.html
ttp://www.anzen-sien.jcqhc.or.jp/
ttp://www.anzen-sien.jcqhc.or.jp/zenkoku.html
医療事故・医療過誤と思われる事象、カルテ開示、医療費関係、病院探し、セカンドオピニオン等で分からないことに、中立の立場で相談に乗ってくれる。



4 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:43:52 ID:zR5J4E6f0
※梅毒はSTD(性行為感染症)です。ふつうの日常生活ではまず感染しません。

風呂・プール・便座・吊革・ドアノブ・受話器・タオルや食器の共有といった感染経路は、「非常に特殊な状況下での可能性が理論上ゼロではないが、非常に稀なこと」です。
現実には、こういった感染経路に注意が必要なほどの報告例はありません。

○症状よりも、「心当たりの行為の有無」を優先して考える。

○似た症状があるだけで心配しすぎない。
>>6-8に似た症状があっても、下のどちらかで、血液経由感染に心当たりがないなら心配無用。
 ・性行為、疑似性行為全般未経験
 ・二年以上、100%信頼できるパートナーとしか性行為、疑似性行為をしていない

○「梅毒にかかっていない人」以外と以下の行為をしたことがあれば、感染の可能性はある。
・セックス・アナルセックス以外に、ディープキス・クンニ・フェラ・ペッティング・素股等の疑似性行為
・「実質的な挿入がない」or「コンドーム使用」でも、「性器・口腔・直腸のいずれかの組み合わせによる粘膜同士の接触」があれば、リスクはある。
ttp://www.quick-kenshin.co.jp/disease/v_03.html
・1回のセックスで感染する確率は、15〜30%程度。1期患者のセックスパートナーへの感染率は、80%程度

○硬性下疳・扁平コンジローム・梅毒性扁桃腺炎・粘膜に出る症状全般の患部の表面にトレポネーマが大量にいて、これが感染源になることが多い。
ただし、患部に直接触れても、健康な皮膚や粘膜であればほとんど侵入できない。
傷が大量のトレポネーマに直接触れれば危険。
歯が触れると目に見えない傷ができる可能性が高いので、オーラルセックスはリスク高。
他のSTDにかかっている状態での性行為も危険。

○性行為を行った場所によってリスクに差がある。
ttp://idsc.nih.go.jp/iasr/23/266/graph/t2661j.gif
該当地域の保健所のサイトに発生率のデータがあるので参考に。
海外は、国と場所によっては高リスク。

○性行為以外での感染経路
・注射器やピアス穴開け器具の使い回し、針刺し事故、血液を大量に皮膚に浴びる等、患者の血液経由。
・緊急的な処置としての鮮血輸血(事前にチェックはあるが、ウインドウ・ピリオドの問題)。

5 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:44:11 ID:zR5J4E6f0
【患部写真】(グロ注意)

初期硬結、硬性下疳
ttp://stdcom.lovesick.jp/photo.html

硬性下疳(舌)
ttp://www.infocompu.com/adolfo_arthur/japones/sifilis_p.htm

ttp://www.midori-clinic.or.jp/
左メニュー「泌尿器科の病気」 泌尿器科の病気をもっと詳しく知りたいかたへ→性感染症(初期硬結、硬性下疳)

硬性下疳、バラ疹、梅毒性乾癬、扁平コンジローマ
ttp://www.dermatol.or.jp/QandA/std/q03.html
ttp://www.dermatol.or.jp/QandA/std/q03_big1.html

硬性下疳
ttp://homepage3.nifty.com/hinyoukika/page019.html

携帯可
ttp://www.okc-i.com/illness/treponema/treponema4.html


6 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:44:54 ID:zR5J4E6f0
【第1期症状】
感染後、通常3〜4週間(早ければ1週間、遅ければ13週間)ほどで始まる。
ただし、1期症状は出ない場合も多い。
血液検査で最初の「疑わしい」という反応が出るのは、感染後2〜5週。

○初期硬結・硬性下疳 …菌の侵入部位の付近にできる。
初期硬結は、5mm〜2cmくらいの、赤くて痛くないコリコリしたもの。
放置しておくと、そのまま数週で自然消失する場合と、頭が崩れて陥没し、じくじくと液が滲みだした状態になってしばらく治らない(硬性下疳)場合がある。
同時に複数個できる場合もある。

治療しなくても、硬性下疳そのものは3〜12週間ほどで治癒する。
膣内や子宮頸部にできると分からないから、女性は男性より見過ごしやすい。
口腔内にできた場合は、一見口内炎に見える。

※ヘルペスと誤診されることがあるので注意。
感染機会があった場合には、梅毒も検査して欲しいことを強く要望すること。

※毛のう炎(毛嚢炎・毛膿炎)・粉瘤・脂肪腫も、外見が似ているので注意。
硬性下疳は、中に膿が溜まったりニキビのような芯ができたりはしない。
同じ所に何度もできる場合は、粉瘤の可能性高。
粉瘤・ふんりゅう・アテローマ・アテローム・皮嚢腫 12
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1190030772/l50

※ペニスのカリにある白いブツブツはフォアダイス(病気ではない)
【フォア】ペニスのブツブツを治す方法 6【PPP】
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/body/1185565774/l50

※性行為の後数日以内のペニスの異状は、亀頭包皮炎の可能性がある。
梅毒は感染して数日では症状が出ない。

○上の症状が出た後で、感染部位に近いリンパ節(性器からなら太股の付け根、口腔からなら首)が痛みなく腫れ、放置しておいても自然に治癒する。

7 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:45:13 ID:zR5J4E6f0
【第2期症状】
二期症状が出れば、血液検査で99〜100%確定できる。

○最初に出る症状はバラ疹。感染後6〜13週間(平均3ヶ月)

○バラ疹の前に、軽い発熱・頭痛(特に夜間)・全身倦怠感・関節痛などが出ることがある。

○典型的なバラ疹は
・直径約1cm前後で大小様々、円〜楕円形、淡紅色〜紅色、内出血のような感じ
・背中、腹を中心に、ほぼ全身にできる。
 身体の中心線に対して左右対称のことが多い。
 掌・足底にもできるのが特徴
・痛みや痒みを伴うことは稀。

ただし、非常に個人差が激しい
すぐ消えることもあれば、何カ月も続くこともある。
ほとんど目立たないこともあるし、気づかないうちに消えてしまうこともある。
「一日の内に何度も出たり消えたりした」「チクチク痛い」などという経験談もある。
数週から数カ月の間隔で、出たり消えたりを繰り返すことが多い。

バラ疹に最も似ていて誤診されやすいのは「ジベルバラ色粃糠疹(じべる・ばらいろ・ひこうしん)」(この病気は心配無用)。
他にも、薬疹、アレルギー、アトピー、溶連菌感染症、ウイルス性発疹症等、似た症状の皮膚疾患が多いので、医者でも見ただけでバラ疹を疑うことは難しい。
当然、素人が見て分かるようなものではない。
心当たりの行為があったなら、病院に行って血液検査を強く依頼すること。

その他皮膚病(写真あり)
ttp://hiramatu-hifuka.com/hifuk/hihindex.html
ttp://www.e-skin.net/hf_neme.htm


8 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:47:04 ID:zR5J4E6f0
◎バラ疹の後に起きる第2期の症状。心当たりがあれば速攻で病院へ。

○皮膚・粘膜症状
 患者の80%以上に出現。2〜6週間出た後でやがて消え、再発を繰り返す。

・丘疹性梅毒 出現頻度高。バラ疹の2〜3週後に出る。5〜1cm程度の大きさで鮮紅色〜赤褐色の丘疹または結節。体幹を中心に多発。痒みや痛みはない。
・膿疱性梅毒 膿疱状の皮疹。丘疹性梅毒から移行することもある。これが出る場合は免疫力が落ちている場合が多いので、HIVの検査を必ず申し出る。
・扁平コンジローム(コンジローマ) 出現頻度高。強い感染力あり
 バラ疹より遅れて出現。
 皮膚と粘膜が隣接している部分(唇や外陰部の内側縁、肛門周囲)、や腋窩・乳房下部など、皮膚の湿った部分にできやすい。
 べとべとした淡紅色〜灰白色の隆起したイボ状。悪臭を放つ。多発性。
 この部分の毛が所々抜け落ちて虫食い状態になる。
・梅毒性乾癬  出現頻度高。掌、足裏に出る。赤褐色〜赤銅色の、カサカサしたあせものような発疹で、厚い鱗屑を伴う。
・口腔内粘膜斑 出現頻度80%以上。口唇や口腔内、特に咽頭部に発症しやすい。乳白色の斑状の粘膜疹
・梅毒性扁桃腺炎  出現頻度80%以上。強い感染力あり。

○全身のリンパ節が腫れる  約50%
首や肘、脇の下など、表皮に近い部分のリンパ節に出ることが多い。圧痛はなく,硬くて分離性。

○その他の症状
・軽度の発熱、疲労、倦怠感、食欲不振、消化不良、悪心、動悸、筋肉痛、貧血 体重減少
・脱毛 出現頻度低。感染後6ヶ月頃に現れる。直径5mm〜2cmくらいの円形で、不完全に脱毛。徐々に全身に広がる傾向がある。
・梅毒性白斑 網目状の白斑。露出部に発生する
・目の炎症(ブドウ膜炎) 約10% 視神経が腫れて視力障害が起こることもある
・痛みを伴う関節炎や骨の炎症、骨膜炎 約10%
・肝臓、脾臓の病変 触知可能な肝脾腫大。肝臓の炎症から黄疸の出現
・腎臓(糸球体炎) アルブミン尿
・急性梅毒性髄膜炎 ごくまれ。頭痛、首のこわばり、脳神経の病変、難聴
・梅毒性爪囲炎・爪炎 爪の白斑や不透明化、爪郭の肥厚。

9 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:47:28 ID:zR5J4E6f0
◎最近は、>>6-8のような典型的な症状の出方をせず、1期・2期の症状が同時に出る例も増えている。
不安な場合は必ず検査を。

◎無症候梅毒といって、感染して何年経っても全く症状が出ない場合もある(血液検査でしか判別できない)。

◎2年以上経過すると、放置していても>>7-8のような外見的症状は治まって潜伏期に入り、病原体は内臓や神経を冒し始める(このあたりから他人に感染させなくなる)
感染後3年目くらいから晩期症状(ゴム腫、梅毒性舌炎等)が出始める。
10年以上経過すると、心臓・脊髄・脳が侵される。


10 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:50:38 ID:zR5J4E6f0
【検査】
○血液を採取しての血清検査。

○保健所か病院で。
 どうしても保健所や病院が難しければ、ネットで簡易検査キットが入手できる。

>>4の状況と>>5-8の症状に心当たりがある場合 →とりあえず、すぐに病院へ。

○症状はないが、不安行為があって心配な場合 →検査は保健所(匿名・偽名可、無料)でもおk >>11
行為の直後では判定できない。不安行為から1ヶ月後・2ヶ月後に検査、3ヶ月目にHIV検査と一緒に受けるのがベスト。
途中で症状が出て来たら、すぐに病院へ

○人間ドックや他の検査で「要再検査」という結果が出た場合 →病院で相談。偽陽性の可能性もあるので、定量検査をする。

○通常の職場で実施される労働安全衛生法に基づいた健康診断には、梅毒検査の項目はない。
 人間ドックの項目には検査項目があるが、この結果は会社に行かないのが普通。
ttp://www.its-kenpo.or.jp/privacy/news09.html

○「一般血液検査」「血液一般検査」には、梅毒の項目はない。
 梅毒の血液検査は、医者が症状から梅毒を疑わない限り、行われないのが普通。
 ので、別件で内科を受診した折の血液検査の結果で何も言われなかったからといって、感染していないということにはならない。

○母子保健法で、妊娠初期に受けることを定められている検査には、梅毒検査も入っている。

○手術、胃カメラ・内視鏡・カテーテル等の検査、入院時、老人ホーム入所時などに、梅毒の検査がある場合もある。 (この結果は必ずしも本人に通知されない場合もある様子)

◎もし梅毒に感染していたら、他のSTDにもかかっている可能性がある。
特にHIVとクラミジアは自覚症状に乏しい上、何であれSTDに感染している状態は、HIV感染の危険性を高くするので、三点セットでの検査を推奨。
・HIVが(+)の場合
梅毒にかかっていなくても偽陽性が出たり、かかっていても偽陰性が出る場合がある。
梅毒に感染すると、症状が強烈になったり、進行が非常に早い場合がある。
ttp://idsc.nih.go.jp/iasr/23/266/dj2665.html

11 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:50:55 ID:zR5J4E6f0
【保健所】

○基本的に無料。匿名or偽名可。
症状が出ていないと病院での検査は保険が効かないので、不安なので念のために検査したいという場合は、保健所でおk。
症状がある場合は病院へ。

○検査は1週間に一回、平日の昼間という所が多いが、場所によって平日の夜間、土曜、日曜等様々。予約が必要な場合も多い。
 居住地以外の保健所でも検査できるので、都合の良い所を選んで良い。

○HIVか、HIV&クラミジアの検査とセットになっていて梅毒だけの検査はできない所、梅毒の検査がない所もある。
 不安行為があっての検査なら、3点セットの検査を禿しく推奨。

○検査結果が出るまで一週間程度。
 結果は指定の時間に聞きに行く形が多い。
 プライバシー保護のため、結果の郵送や電話連絡などということはない。

○陽性が出た場合、相談にのってくれる。
 大都市だったら、STD治療に慣れた病院を紹介してくれる場合もあり。


※上記詳細は各保健所によって異なるので、事前に電話で確認すること。
全国保健所一覧
ttp://idsc.nih.go.jp/hcl/index.html

その他検査ができる場所の検索
ttp://www.hivkensa.com/ (携帯可)


12 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:51:12 ID:zR5J4E6f0
【病院】 …何であれ、症状がある場合はとりあえず病院にGO

○陽性の時にそのまま治療に入れるのが利点。
検査結果が出るのは、早い所では即日、
外注の場合は4〜5日程度(医者の診察日に合わせたり週末を挟むと、実質的には一週間後になる時もある)

ただし、医者が症状ありと判断しないと、検査は保険が効かない時がある。

保険適用でない場合のおよその費用の目安
 診察料 3,000〜5,000円
 検査代 1,500円
 薬代 3,000円〜
 (保険適用の場合は上記金額の3割負担)
ttp://www.std-lab.jp/stddatabase/db004.php

○病院は症状によって、性病科、皮膚科、男・泌尿器科、女・婦人科 (ただし性病科は開業医のみ)。
口の中や咽喉のしこり・扁桃腺炎の場合は、耳鼻咽喉科でも可だが、梅毒に慣れていることは期待できない(地方は特に)。
症状が進んでいて心臓・肝臓・腎臓等が不調なら内科。

※病院では、不安行為の内容と時期・以前出た疑わしい症状と時期についてすべて説明し、
自分から「心配なので、梅毒検査(及びその他STD検査)をして下さい」と強く依頼すること。

「医者はプロなんだから、黙っていても症状で見当つけて、勝手に検査してくれるはず」と期待しすぎない。
診察経験のある医者は少ない上に、元々、症状だけでの診断が難しい病気。
特に皮膚症状は、よくある別の病気(肌荒れ、アレルギー、アトピー、蕁麻疹、かぶれ、薬疹など)がまず疑われ、梅毒が疑われるのは一番最後であることが多い。
患者数が少ないので、特に地方では「滅多にない病気なので、可能性を考慮に入れなくてもいい」と安易に考えられている。
自分から検査を依頼しなければ、発見が遅れる危険がある。


13 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:51:28 ID:zR5J4E6f0
○個人開業医はヤブ率も高いが、大都市であれば長年梅毒を診察してきた専門的な医者もいるので、事前によく調べること。
性病科でも、梅毒の臨床経験のある知識豊富な医者は少ないことは覚悟すること。
安易に保険外治療を勧める病院は×(梅毒の治療は保険適用の範囲内で充分)。
性感染症の総合検査を勧める所は比較的○。

○病院のサイトがあれば
 ・該当科(皮膚科・泌尿器科・婦人科)を見て、医師の専門をチェック。
 ・STD治療に力を入れている病院は、大抵STD関係の情報ページがある。
  病気の説明ページがある場合は、内容をチェック。内容が明らかに間違っていれば問題外

○判断に迷う時は、保健所で検査して検査後の無料相談で聞く、総合病院の受付で相談、医療安全支援センターに相談(>>2参照) 等

○調べにくい・よく分からない・決定的な要素がない場合は、とりあえず地域医療支援病院か地域中核病院の皮膚科・泌尿器科・婦人科へ。

○扶養家族の場合でも、保険証を使ったことで受診内容や結果が家族にバレるようなことはない。
加入している健保によっては受診科目だけ後で通知される場合もあるので、知られたくない場合は、性病科を避け、言い訳(皮膚科→「かぶれたみたい」、泌尿器科→「膀胱炎ぽくて」、婦人科→「生理不順」等)を用意しておけばおk。


14 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:53:41 ID:zR5J4E6f0
【血液検査法】  …STSとTPPAの二種類がある。どちらも抗体検査。

※STS (カルジオリピンを抗原とする非特異的な反応)
 ・ガラス板法(VDRLテスト)
 ・RPRカード法
 ・凝集法

・陽性化するのが感染後2〜5週(多くは3〜4週)と、比較的早い。
・別の原因で(+)が出ることが4000例に1例くらいある(偽陽性>>16)。
・治療経過を反映して数値が下がるので、治療中は定期的にこの方法で検査する。 完治を決めるのもSTSの数値による。>>21
・完治すれば、数ヶ月〜数年後に陰性になる。>>21

※TPPA (TreponemaPallidum(TP)を抗原とする特異的な反応)
 ・TPHA 、 TPLA(新しい方法。数値の読み方等はTPHAと同じ)
 ・FTA-ABS

・TPHAは手技が容易で特異性が高いので、梅毒の診断法としては最も有用。
 これが陽性であれば、ほぼ感染は間違いない(偽陽性はごく稀>>16)。
・ただし、FTA-ABSが陽性になるのはSTSとほぼ同時期かやや遅れて、TPHAはそこから1〜2週遅れて6週以降と やや遅い。
 最も早い時点での判断には、これが欠点になる。
・FTA-ABSはTPHAより鋭敏なので、STS(+)・TPHA(-)で、時期や症状から感染が疑われる時は、FTA-ABSで追試確認する。
・一度数値が上がると、完治しても数値はあまり下がらない。
ので、完治してから長期間(20〜30年)経っても、検査結果は「STS(-)、TPPA(+)」

わかりやすい説明
ttp://www.e-ketsueki.com/qa/kensa/kensa_2.html
わりと詳しい説明
ttp://uwb01.bml.co.jp/kensa/conpe.asp?d=60&t=10&k=920&e=0
検査数値
ttp://idsc.nih.go.jp/iasr/23/266/graph/dt26622.gif
ttp://www8.ocn.ne.jp/~snkulab/23sub.html

15 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:54:28 ID:zR5J4E6f0
○最初の検査…定性検査
大雑把なふるいわけをする。

【STS 1〜2法 + TPHA】の定性検査(結果は(+)(-)という形)

STS(-) TPHA(-) 感染していない or 感染後3〜6週以下でまだ反応が出ない(→しばらくして再検査)
STS(+) TPHA(-) 感染初期の疑いあり or 偽陽性
STS(+) TPHA(+) 感染の疑いあり(ごく稀にSTS・TPHA共に偽陽性)
STS(-) TPHA(+) 完治後長期間が経過 or 晩期梅毒の疑いあり or 偽陽性(ごく稀)

いずれかに(±)(1+)(2+)(3+)という結果が出たら、「感染の疑いあり」ということなので、改めて詳しい検査(定量検査)を行う。

 ↓

○詳しい検査…定量検査(保健所ではできない場合が多い)
【STS 1〜2法 + TPHA(+場合によってはFTA-ABS)】の定量検査
結果は「×倍」という形(×は血清の希釈倍数。STSは1倍以上、TPHAは80倍以上、FTA-ABSは20倍以上が陽性)。
この結果で、感染の有無を確定する。

○治療中
 STSから1〜2法の定量検査を定期的に行う(TPHAも平行して行う場合も多い)。


◎症状がない場合、感染機会から8週以上経過していれば、結果はまず確実。
ただし、HIVに感染していると検査結果があてにならないので>>16、最終的に、感染機会から3ヶ月後にHIV検査と両方受けるのが一番確実。


16 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:57:03 ID:zR5J4E6f0
【検査の偽陽性】  …STS陽性の5〜20%くらいは偽陽性だと言われる
梅毒の検査は、トレポネーマそのもの(抗原)の検出がごく一時期しかできないので、血清による抗体反応を利用している。
そのため、検査自体の信頼性は高いが、どの方法でも偽陽性(感染していないのに陽性反応が出る)が出ることが避けられない。

○STSに偽陽性が出る可能性の原因となり得るもの
肺炎、異形肺炎、マイコプラスマ肺炎、結核、 マラリア、麻疹、水痘、伝染性単核症、ハンセン病 、HIV、ウィルス性肝炎、慢性肝疾患 、がん 、その他急性の細菌およびウイルス感染症
自己免疫疾患
ヘロイン常用者
免疫状態が低下している高齢者
ワクチン接種後
妊娠

○TPHA、FTA-ABSに偽陽性が出る可能性の原因となり得るもの
・ハンセン病、マラリア、伝染性単核症
・レプトスピラ症
ttp://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03_012/k03_012.html
 人、犬、牛、馬、豚、羊、ネズミ、キツネ、サルなどがかかる人獣共通伝染病。
 症状の軽いものは風邪のような感じ。
・歯槽膿漏、歯周病 →口腔トレポネーマ(トレポネーマ・デンティコーラ)が原因で反応が出る
・血清蛋白異常症(自己免疫疾患の一種)
ttp://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp/qrs/imd/imd00296.html
ttp://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp/qrs/imd/imd00269.html
・溶血過多、高脂血症
ttp://www.kirishimacho.com/HouseCall/encyc/14/1/0_0_0_0.html

○下のトレポネーマ感染症は、血液検査では梅毒と区別がつかないが、以下地域に旅行の履歴がない限り、疑う必要なし(潜伏性の可能性もあるので、過去の渡航歴に注意)
 ・ベジェル…地中海東岸と西アフリカ(サヘル)
 ・イチゴ腫…赤道直下の湿度の高い地域
 ・ピンタ…メキシコ、中央アメリカ、南アメリカ
ttp://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec17/ch190/ch190d.html

○HIVに感染してる場合には、梅毒に感染しているのに検査が陰性になる(偽陰性)こともあり得る。

17 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:57:30 ID:zR5J4E6f0
○抗生物質の内服で治療する
ペニシリンにアレルギーがある人は、必ず事前に医者に申し出ること。

・第一選択薬はペニシリン系(サワシリン、アモキシシリン、バイシリン、ビクシリン、パセトシン等)
・マクロライド系 (エリスロマイシン等)
・テトラサイクリン系 (ミノマイシン、ミノペン等 )
・セフェム系(トミロン等)

上記四系以外の薬を処方されたら、医者に確認した方が吉

ニューキノロン系(クラビット)、アミノグリコシド系は効かない。
妊娠中の治療に、マクロライド系・テトラサイクリン系は使わない。
セフェム系は悪酔いしやくすなるので、治療が終わるまで禁酒した方が無難(その他の薬であっても、服用で肝臓に負担がかかるので、できるだけ飲酒は避ける方が良い)。

・薬の検索
ttp://www.jah.ne.jp/~kako/frame_dwm_search.html
ttp://health.goo.ne.jp/medicine/index.html
・携帯版
ttp://www.okusuri110.com/i/(i-mode)
ttp://www.okusuri110.com/e/ (ez-web)
http://www.okusuri110.com/j/(SB)

○抗生物質は、血中濃度を一定に維持するのが一番効果が高い。
一日3回ならきっちり8時間ごと、4回なら6時間ごとと定間隔で飲む。
携帯のタイマー機能やピルケースを利用して、飲み忘れを防ぐ。
飲み忘れた場合、気づいたらすぐに1回分服用し、その後はその日の分の残りを等間隔に飲む(一日量をきちんと服用することが重要)。
ttp://www.hps.or.jp/ms/70403.htm
ttp://www.med.kurobe.toyama.jp/hospital/medication.htm


18 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:57:57 ID:zR5J4E6f0
○感染が確定したら
 ・性行為全般は治療終了=完治まで行わない。
 ・ピンポン感染(お互いにうつし合う)を避けるために、セックスパートナーにも検査を受けてもらう。
 ・他のSTDの検査も受けておく方が吉(特にHIVとクラミジア >>4)。
 ・日常生活は普通でOK。特別な消毒等の配慮は不要。

○治療中は、一定の間隔(一週間〜一ヶ月)で、STS定量(+TPHA定量)の検査が行われる。
 病院にはメモを持参して、検査日・検査方法(STSの種類)・数値を記録しておくと良い。
 治療中にSTSの定量検査がされない場合や、TPHAの数値のみで経過を測っている場合は、病院を変える方が吉。

○ペニシリン系の薬で割合に多い副作用は下痢。これは、抗生物質の内服で、腸内の善玉菌まで死ぬことによる。
主治医に相談すれば、ビオフェルミン等を処方してもらえる。

自力で出来る対策としては、生のカゼイ菌飲料を大量に飲む(できれば治療を始める3日以上前から飲み始める)。
毎食時に100ml以上、さらに就寝前や間食時等にも飲むように努めて、一日500ml前後の摂取を目指す。
※テトラサイクリン系は、薬と乳製品を同時に服用すると薬の吸収が悪くなるので、この種のものの飲用は2時間以上間隔をあける。

一番経済的なのは「ピルクル」(日清ヨーク)。 他ヤクルト等、生のカゼイ菌飲料であればおk。
他、腸内細菌によいとされるものは積極的に摂取すること。


19 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:58:14 ID:zR5J4E6f0
【ヤーリッシュ-ヘルクスハイマー(Jarisch-Herxheimer)反応】

薬を飲み始めて2時間後くらいから出る反応。
頭痛、発熱(39度前後)、悪寒、発汗、筋肉痛、頻脈、呼吸促迫、全身倦怠、強直、梅毒性病変(梅毒疹やリンパ節腫大)の一時的悪化など

これらの症状はアレルギー反応ではなく、一度に大量の菌が死ぬことによって、菌の毒が起こすもの。
必ず出るものではないが、早期患者の50%以上(特に第2期)に起きると言われる。
症状が進んでから治療に入る場合には注意。

10時間以内にピークに達するが、特に処置をしなくても1〜2日で治まり、危険はない。
できれば2〜3日休めるように事前にスケジュールを調整しておく方が楽。

・高熱が不安であれば、事前に解熱剤の処方を医者に依頼しておく。
ttp://merckmanual.banyu.co.jp/cgi-bin/disphtml.cgi?url=13/s164.html
ttp://hiroshima.cool.ne.jp/bigbommer/Disease/STD.html
ttp://www.lap.jp/lap2/nlback/nl10/nl10std.html

・一気に大量の菌が死なないように、最初は薬の量を少なくして徐々に増やしていく方法もあるので、そういう処方をされた場合は服用の注意を守ること。


20 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 00:58:48 ID:zR5J4E6f0
【妊娠】

感染したまま治療をしないと、胎児も感染する。
ので妊娠したら、定性検査が法的に義務づけられている。
妊娠そのものがSTSの偽陽性>>16 の原因になることもあるので、(±)以上の結果が出た場合は、詳しい検査(定量検査)をして感染の有無を確認する。

○母親から胎児には、胎盤を通して感染する(遺伝するわけではない)。

○胎盤が完成するのは妊娠14週なので、それまでに適切な治療を行えば母子感染は起こらない。

○感染後、梅毒トレポネーマが胎盤を侵して胎児に病変を起こさせるには、約6週間かかる。
ので、分娩日を妊娠40週として、妊娠34週以降に新たに梅毒に感染した場合には、胎盤経由による母子感染は起こらない(ただしこの場合は、産道感染や授乳感染が稀にあり得る)。

○最も危険なのは、妊娠14週から妊娠34週までの間に妊婦が新たに梅毒に感染し、そのことに気がつかない場合。

○母親のセックスパートナーが梅毒患者であること自体は胎児に直接には無関係だが、妊娠初期にきちんと治療した妊婦に改めて感染させる可能性があるので、治療や性生活の制限は必要。
感染が確認されたら、パートナーにも必ず検査・治療を受けてもらうこと。

○妊娠中の治療に、テトラサイクリン系は危険(催奇性あり)。
マクロライド系は妊娠自体に問題はないが、胎児の治療ができないので、妊娠中の治療薬としては不適。
薬を処方されたら、一応検索しておくこと。>>14

>>19のヤーリッシュ-ヘルクスハイマー反応が重く出ると、流産に繋がるので注意
ttp://merckmanual.banyu.co.jp/cgi-bin/disphtml.cgi?url=19/s260.html


21 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 01:00:14 ID:zR5J4E6f0
【治療の終了】

○「この数値以下であれば完治」という絶対的な数値基準はない。
 医師が症状・検査数値の経過・服用期間等から見て総合判断する。

○「治療クールごとの検査結果が低下の傾向にあり、再度上昇することがなく、症状が出ないこと」が完治の目安になる。
相対的な目安として、「治療効果の判定は、STSの抗体価の1/4以上の低下を指標にする」(32倍で治療に入ったら8倍以下、16倍であれば4倍以下)というもの、「8倍以下に低下すること」というものもある。
ttp://www014.upp.so-net.ne.jp/hide-clinic/newpage7.html
ttp://idsc.nih.go.jp/iasr/23/266/dj2661.html
ttp://www.nms.ac.jp/jnms/2003/07003274j.pdf(PDF注意)
ttp://www.jaclap.org/consult2000.html#20000529d

○TPHAは治療効果を反映しないので、TPHAの数値が高いことと完治は無関係。

○服用が適切であれば、内服期間は1期で2〜4週、2期で4〜8週程度で充分だとされる。
 日本では、もう少し長くかける例(1期で2ヶ月、2期で3ヶ月程度)が多い。
 服用期間を最低限にするには、その後も定期的な検査による確認が必須だが、服用を停止すると、患者が後日の検査を受けない可能性がある等、「念のために長めに」設定していると思われる。

 ただし、医者の知識不足で、治癒=STSの陰性化と誤解していたり、治癒してからSTSが陰性化するまでタイムラグがあることを理解していない場合もある。
(STSが完全に陰性化するには完治から数ヶ月〜数年かかることが多いが、陰性になるまで治療を続ける必要はない)。
 治療期間があまりにも長くて納得できない場合は、セカンドオピニオンを取る手もある(それまでの検査数値の経過を書いたメモを持参すること)。

○治療が終了した後も、1、3、6、および12カ月目、または完全に陰性化するまでSTS検査を受ける方が吉。
 治療不完全の可能性もゼロではない(不完全の場合、6〜9ヶ月目くらいに再び数値が上がってくることが多い)。

○2期症状の発疹の痕は、3ヵ月から1年ほど(個人差大)で消える。
○完治の証明書が必要な場合は、病院に依頼する(有料)。
○免疫を獲得しないので、一度かかって完治した後も、再び感染する可能性はある。

22 :病弱名無しさん:2007/11/20(火) 01:03:46 ID:zR5J4E6f0
前スレが512k超えて、いきなり書き込み不能になったorz
新スレ案内貼れなくてスマソ。

>前スレ965氏

かかっても、全く無症状の場合もある>>2。すぐ上の959氏もそう。
初期硬結・硬性下疳は、かかっても出ない時があるし。
感染したのが口からだったら口の中にできるし、痛くないから見過ごすこともあるし。
あと、「普通の血液検査」に梅毒検査は入ってない。
梅毒の血液検査も、不安行為から8週以上経ってないと、感染していないとは言い切れない。


23 :病弱名無しさん:2007/11/21(水) 10:04:56 ID:KGJf/yyI0
質問です。
梅毒の検査結果が出て近所の病院(性病科泌尿器科)に行ったんですが。
サワシリンを処方されて3ヶ月飲み続けたんです。ただ薬のことをよく理解してなかったので
飲み忘れとかが結構あったんですね。で3ヶ月経ってもう一度検査をしたら
数値は変わらないままでした。お医者さんからは薬に態勢ができてるかもしれないから
別の薬にしましょうと言われてクラビット錠というものを処方されました。
薬が変わること自体問題はないし、抗生物質のことをよく知らなかった自分も
よくないんですが、クラビット錠って梅毒の治療薬なんでしょうか?

いろいろ調べているんですが梅毒治療薬としては全くひっかからないんです。
どちらかと言うと淋病の治療薬とかいてあるんですが。
詳しい方がいらっしゃったら教えてください

24 :病弱名無しさん:2007/11/21(水) 13:09:56 ID:P5Tjhtzf0
>>23
質問は先にテンプレ>>2-21に目を通してな。
特に>>17


25 :病弱名無しさん:2007/11/21(水) 14:53:51 ID:swgn+DEq0
え〜っとですね。読んでみてサワシリンは既に服用済み
服用の仕方に問題があった為あまり効果が得られなかった。
クラビットについて検索をかけたけれどもイマイチ処方目的・適応
の項目に関連する物が見当たらなかったので一応質問してみたんです。

やはりこれ以上のことはココでは分からないんでしょうか?

26 :病弱名無しさん:2007/11/21(水) 16:17:22 ID:P5Tjhtzf0
>>25
書いてある通り、クラビットは梅毒には効かない。ニューキノロン系なんで。>>17
割と感染症全般何にでも出されるんだけど、梅毒には効果ないんだが、
そのことを知らない医者は過去ログでも結構いた。
数値については、どの検査でどれくらいか分からないと、「変わらない」の内容が分からないんで
何とも言えない。
あと、梅毒のペニシリン耐性菌は今のところ報告されていない様子なんで、
そこのところも医者の言い分は納得できないところではあるが。


27 :945:2007/11/21(水) 18:35:38 ID:nSZrn5J6O
前スレの945です。
本日、血液検査に行ってきました。
状況を説明したら一週間分の薬も出してもらえました。
ちなみにビクシリン250。

そして説明を聞いたら食器からの感染もないとは、言えないと言われてしまいました。
実家の家族が心配です。
歯周病とかあると感染しやすいとの事。
父も母も歯周病。
自分は、仕方ないけれど家族は、きつい。
何て言えばいいのか。
とりあえず検査結果出たらまた来ます。


28 :病弱名無しさん:2007/11/21(水) 19:07:31 ID:P5Tjhtzf0
>>27
乙。
うーん、思うにこの場合の医者の「ないとは言えない」は、「0%と言い切ったら非科学的」
「0.0001%のことが起きた時に責任取れないから、そう言っとこうか」って意味だと思う。

一つは、まず>>27氏の感染が確認できていない。感染してなければすべておk。
感染していたとしても、「食器経由で伝染す」には、>>27氏の口の中に患部ができていれば、
という条件付きになると思う。
前スレで読んでいた感じでは、>>27氏自身に感染機会があったとすればごく最近という
印象なので、いずれにしろまだ他人に伝染すところまで行ってないという気が。
梅毒トレポネーマは、増えるのが恐ろしく遅い。
だから、最初の症状出るまで3週間もかかるんだが。
でまぁ、伝染すところまで行ってるとしても、少なくとも、大皿に盛った料理に取り箸なくて、
みんな自分の箸で取ってる、くらいでは感染し得る量にならんと思う。

感染症というのは、伝染るのにそれなりの菌量が必要なんだよ。
セックスくらいがんばって患部をこすりつけても3割くらいしか伝染らないわけで、
食器共有くらいでガソガソ伝染ったら、「性感染症」じゃなくて「伝染病」だ。
江戸時代とかヨーロッパ近世とか、ああいう衛生概念の発達してない時代でさえ、
経験則的に、「セックスでしか伝染らない病気」と認識されてたわけだから。
いずれにしろご家族への説明とか何とかは、>>27氏が陽性と確定してから考えればいいと思う。
>>27氏がもし陽性で、伝染す機会があって、百万に一つのことが起きたとしても、
今すぐじゃご家族の検査もまだ陽転してないんだし。
気が重いと思うがガンガレ。

29 :27:2007/11/21(水) 21:02:41 ID:xMWvWn7T0
>>27さん

ありがとうございます。
凄く気が楽になりました。

実家に帰省は、八月と十一月の二回。
両方、彼もいっしょなんですよ。
彼の感染時期は、八月の頭。
感染直後と二期入りたての二回。
両方、口の中は、平気な時期だと思われます。

食器共有くらいでガソガソ伝染ったら、「性感染症」じゃなくて「伝染病」

に不謹慎ですが笑ってしましました。
何だかほっとしました。
本当にありがとうございます。
正直、文章じゃ表せないくらい救われております。
とりあえず結果を待ちます。
陰性だといいなぁ。



30 :27:2007/11/21(水) 21:04:59 ID:xMWvWn7T0
間違えました。
>>28さんです。
自分にお礼言ってどうすんだ。orz

31 :病弱名無しさん:2007/11/22(木) 10:38:29 ID:j6eFEtvS0
>>26さんありがとうございます。
セカンドオピニオンを考えてた所なので踏ん切りがつきました。
もう一度しっかり病院を調べて別のクリニックに行ってみます。


32 :病弱名無しさん:2007/11/25(日) 15:25:06 ID:6JczOtNzO
梅毒感染不安の者ですが、ここ三日間片目の瞼があります
梅毒が神経までいった場合、このような症状から始まることはあるのでしょうか?

33 :32:2007/11/25(日) 15:51:57 ID:6JczOtNzO
すみません、瞼の痙攣です。
間違えました。

34 :病弱名無しさん:2007/11/25(日) 17:19:38 ID:8XtUqjGY0
>>32
少なくとも、典型的な症状ではないと思われる。
絶対ないと言い切れるソースもないけど、正直、他の病気の可能性の方が断然高いかと。
感染が不安なら、とにかく一度血液検査受けれ。>>2-21参照。


35 :病弱名無しさん:2007/11/26(月) 19:29:26 ID:aBzshvK2O
梅毒の治療が終わった直後に、インフルエンザの予防接種はできますかね。

36 :病弱名無しさん:2007/11/26(月) 20:20:08 ID:SOpdY1Ms0
>>35
「インフルエンザワクチン」と「抗生物質」という関係だけで考えれば、理論上の影響はないはず。
そもそもウイルスに抗生物質は効かないから無関係だし、インフルエンザのワクチンは
不活性化ワクチンだし。
梅毒とインフルエンザも無関係。同時罹患だからどうこう、というものではない。
後は、抗生物質とワクチンに関して、「薬の飲み合わせ」みたいな問題が起きるかどうかだけど、
ざっと見たところ、一応、警告は見当たらなかった。
いずれにしろ、最後の服薬から2〜3日も空けたら無関係かと。
そもそも2〜3日も効果が残ってくれたら、服薬も2〜3日に一回でいいわけで。

ただ、匿名掲示板の書き込みを鵜呑みにされても、こっちも責任取れないし、念のために
事前に保健所にでも電話で問い合わせしてみるのが一番かと。
何も梅毒なんて言わなくていいから、飲んでた薬の名前言って、それ飲んで×日後に
予防接種受けても問題ないか、という風に。


37 :病弱名無しさん:2007/11/26(月) 21:00:34 ID:aBzshvK2O
>>36
丁寧にありがとうございます。
ちょっと緊急を要していたのでここで尋ねてしまいました。
時間があれば保健所に聞いてみたいと思います。

38 :病弱名無しさん:2007/11/26(月) 23:06:21 ID:CGD5HkYbO
二期の症状で脱毛ってあるけど、頭の事ですかね…?

39 :病弱名無しさん:2007/11/26(月) 23:10:23 ID:3tAv4zil0
>>38
その通り。
脱毛が出ることは比較的少ないらしいし、それだけでは梅毒だと断定はできないが。


40 :病弱名無しさん:2007/11/27(火) 09:19:19 ID:WvRQqTzeO
>>39
そうですか
円形に脱毛ってわけでもないのでひとまず安心です
ありがとうございました

41 :病弱名無しさん:2007/11/30(金) 15:45:41 ID:OcXVFZKZO
第二期の扁平コンジローマって、尖形コンジローマとは違うのですか??

42 :病弱名無しさん:2007/11/30(金) 16:55:51 ID:V2+eKCJo0
>>41
扁平コンジローマは、梅毒という病気の一症状。
尖形コンジローマは、言わば病名。原因はHPVウイルス。
原因も見た目も全く違うから、混同しようがない。>>5参照。


43 :病弱名無しさん:2007/12/01(土) 09:50:48 ID:OVxwTtud0
一般薬で効くものはありますか?

44 :病弱名無しさん:2007/12/01(土) 15:34:49 ID:ZlnqLCp70
>>43
質問は先にテンプレ>>2-21 特に>>17
【一般薬】が【一般用医薬品】の意味なら、そもそも個人が【医者の診断が必要ではない】という
判断の上で使うものなので、この場合はそもそも相当しないかと。


45 :27:2007/12/01(土) 18:20:10 ID:fqvWw8MmO
検査結果を聞いてきました。
とりあえずは、陰性。
念のために12月末にもう一度検査を受ける事にしました。
彼の方は、結果が凄い?らしく投薬が長くなりそうとの事。

いろいろと不安を抱えていた時にここに来て本当に救われました。
ありがとうございます。


46 :病弱名無しさん:2007/12/01(土) 21:49:14 ID:ZlnqLCp70
>>45
乙。結果陰性で何より。
彼氏さんの方も、数値が高い=病気が進んでる、というものではないから、
気にしすぎずに地道に薬飲んでもらってな。
不安だろうがもう少しガ゙ンガレ。

47 :病弱名無しさん:2007/12/02(日) 00:50:08 ID:gLI8oUSL0
不安行為後およそ2ヶ月後保健所で梅毒の血液検査を受けました。
保健所で行っている検査は菌の数によって結果が菌に感染しているのに陰性になってしまう。ということは有るのでしょうか?

分かる方お願いします。

48 :病弱名無しさん:2007/12/02(日) 03:20:57 ID:v5TmFbwQ0
>>47
>>14-16参照。

> 菌の数によって結果が菌に感染しているのに陰性になってしまう

うーん、言いたいことがイマイチ分からない。
「感染しているのに結果が陰性になることはあり得るか」という質問?
もしそうであれば、不安行為後「充分な時間が経過していない」という条件以外、
まずあり得ない。2ヶ月経過であれば充分かと。
例外は、HIVに感染している状態。その場合だけは、梅毒検査の結果が信頼できない時があり得る。

保健所の検査と病院での検査も、本質的には変わりがない。
違いがあるとしたら、定性か定量か、というくらいだが、病院でも、症状なし・不安行為が理由の
検査は定性だし、定量検査をする保健所もある。
定性は信用できなくて定量が信頼性が高い、というようなものでもない。
たとえば、学校の成績を、1〜5とかABCというランクで示すか、98点・72点・46点のように
素点で示すか、という差のようなもの。
単に、価格や手間に差があるので、状況に応じて使い分けるだけかと。



49 :病弱名無しさん:2007/12/02(日) 14:23:35 ID:8QyyY9aL0
前スレ875です。

先日、完治の報告を受けました。
最終的には、9月初めから治療受け始めたのですが
どうも、最初の時点でヘルペスと誤診されていたみたいで
その分の治療合わせると約半年の治療になりました。

経過は
7月・・陰部に腫瘍発生
8月・・泌尿器科でヘルペスと診断 軟膏&内服で治療開始
9月・・両足に赤い斑点出没(バラ疹だと思われる)
    同時期に献血の検査結果で陽性反応の知らせ
    治療開始 定量でガラス16倍 TPHA640
    サワシリン4錠/日   
10月・・定期検査 定量ガラス8倍 TPHA320(略半減)
    サワシリン 2錠/日に変更
11月・・定期検査 定量 ガラス法 2倍 TPHA 80
    完治報告
    前回処方されたサワシリンの残りを服用2錠/日は続けて
    来年初頭にもう一度検査に来るようにの事

このスレのお陰で病院の先生とは、突っ込んだ話が出来大変貴重な体験を
させていただきました。
でも、もう二度と感染しない様に心掛けて行きます。
薬の副作用での下痢とはやっとオサラバです。
乳酸菌飲食物が冷蔵庫に常備状態でしたから。



50 :病弱名無しさん:2007/12/02(日) 15:42:03 ID:LZuGlwLL0
>>49
おお、完治オメ!よかったな。
しかし最近ヘルペスって誤診が多いなぁ。マジ乙ですた。
元気でやれよ ノシ

51 :病弱名無しさん:2007/12/02(日) 21:23:32 ID:gLI8oUSL0
>>48 感染した梅毒の菌が少なくても感染している(陽性)のに陰性と出る場合はあるのか?ということを言いたかったのです。
分かりづらくてすいません。

52 :病弱名無しさん:2007/12/02(日) 21:39:29 ID:1ic/LcMh0
>>51
えーっと、だからその「少なくても」というのが、どういう状態を指してるのかが分からんのだ。
感染したばかりの時は、もちろん少ない。
トレポネーマは、他の菌に比べて増えるのに非常に時間がかかる。
ので、最初の反応が出るのが、早くても3週間後くらい。
ただ、8週経ってもまだ反応が出ないほど増えない、ということはない。
その多い少ないという面については、時間で考えてほぼ間違いがない、というのは
今までの膨大なデータから導き出された統計なわけ。
逆に言えば、身体に侵入しても、全然増えなきゃ自然治癒ってことだから問題なし。

で、感染している=陽性ではないんだよ。
「陽性=感染の可能性がある」というだけのことで。

>>14にもあるように、梅毒の血液検査は抗体検査で、抗原検査ではない。
つまり、抗原である菌がいるかどうか直接検査するのではなくて、菌がいることによって
身体が作る抗体があるかどうかを測るだけ。
だから、いなくても抗体を作ることはあるし>>16、確実を期すためには検査を組み合わせる
必要がある。>>15


53 :病弱名無しさん:2007/12/02(日) 22:52:34 ID:gLI8oUSL0
>>52 自分が言いたかったのは感染したときのトレポネーマの数が少なくて約2ヵ月後でも陰性がでるということはあるのか?ということを聞きたかったのです。

”梅毒の血液検査は抗体検査で、抗原検査ではない。
つまり、抗原である菌がいるかどうか直接検査するのではなくて、菌がいることによって
身体が作る抗体があるかどうかを測るだけ。 ”

ということは不安行為後から2か月程度過ぎて検査をして陰性で有れば大丈夫ということなんですよね?





54 :病弱名無しさん:2007/12/02(日) 23:27:29 ID:1ic/LcMh0
>>53

>>15
> ◎症状がない場合、感染機会から8週以上経過していれば、結果はまず確実。
> ただし、HIVに感染していると検査結果があてにならないので>>16、最終的に、感染機会から3ヶ月後にHIV検査と両方受けるのが一番確実。


55 :51携帯電話:2007/12/03(月) 00:11:05 ID:d7kf9I0cO
HIVは抗体検査で陰性でした。

今現在症状も出ていないと思うので安心しました。

本当にありがとうございました。

56 :病弱名無しさん:2007/12/03(月) 01:26:24 ID:gJx22o3t0
>>55
梅毒はともかく、HIVの検査は3ヶ月経過でないと無意味なんで、もし日数足りてなかったら
3ヶ月後に改めて両方受けとけな。

感染時に侵入したトレポネーマの数が極端に少なければ、そもそも感染しない。
だからって、大量に入ったから早く進行する、というものでもなさそう。
硬性下疳が複数できたりすることはあるらしいが。
というよりまぁ、感染時の量とかそういう連中の生態関係については、実はあまり分かって
ないんだと思うよ。
たとえば、フェラで何%伝染るとか、ちょっとだけキスしたらどうなるかとか、そういうことは
統計の取りようがないし、人体実験するわけにもいかんし。
ただ、長いこと死に至る病だったし患者数も多かったから、検査や薬ができてからも
治療の研究は盛んでデータは蓄積されてるから、そういうことから推察されている部分が多い。
病気っつーのは、医学としては「確定できて・治療でき、可能であれば予防でき」ればおk、
って部分もあるんで。


57 :51携帯電話:2007/12/03(月) 18:03:09 ID:d7kf9I0cO
>>56
一応、HIVは三ヶ月で再度検査して陰性でした。

58 :病弱名無しさん:2007/12/03(月) 18:15:25 ID:8Jwv0AdBO
10月後半にバラ疹が出て梅毒陽性反応。
パセトシン250mgを1日6錠服用し、4週が経過しました。

ガラス板法64倍
TPHA法640倍

↓4週経過

32倍
320倍
になり治療が終了しました。
医者には最初から4週と言われ、今日結果を聞きに行ったときも、
数値は下がっているし、なかなか下がりにくいものだから大丈夫。
2ヶ月後にまた血液検査しましょうとのことでした。

治療が早く終わる分にはいいんですが、帰ってからちょっと不安になりました。

これは完治と言えるのでしょうか?
特に予定あるわけじゃないが、性行為とかって、もう大丈夫なんですかね?

59 :51携帯電話:2007/12/03(月) 18:16:38 ID:d7kf9I0cO
>>56
12月下旬にB.C型肝炎の検査を受けるついでHIVの最後の確認検査を受けるのですが、その時にHIV陰性であれば梅毒の再検査は必要無いですよね?

あと、前の梅毒検査は不安行為から2ヶ月たったのか3ヶ月たったのか記憶が定かでなかったので短く取って2ヶ月と書きました。

60 :病弱名無しさん:2007/12/03(月) 20:29:58 ID:gJx22o3t0
>>59
そだな、時間的にもそれでおkだと思う。
いい結果を祈る。

>>58
乙。
うーん、確かに微妙な所だな。>>21参照。
確かによく聞く話よりは短いけど、今後ずっと検査して数値が下がり続けさえすれば問題なし、
上がる気配があったらもう一度投薬、という治療方針が、間違ってるわけではないと思う。
ただ、素人の感想としては、>>21にあるような間隔で「定期的検査は必須」かと。

性行為の方は、前スレで指摘あったんだけど、>>3の国立感染症研究所の記述に
ttp://idsc.nih.go.jp/iasr/23/266/tpc266-j.html

> 抗菌薬による治療開始後すぐにTp検出は困難となり、 感染性は失われると考えられるが、

とあるんで、この「考えられる」をどう受け取るかと、後は相手に対するマナーというか、
立場が反対側だったらどう感じるか、という問題かと。


61 :51携帯電話:2007/12/03(月) 23:41:41 ID:d7kf9I0cO
>>60
すみませんが言っていることちょっと分かりません。
前は不安行為後2ヶ月で梅毒検査を受けたので、
12月下旬に受けるHIV検査で陰性であれば梅毒の検査は再度受ける必要は無いということですよね?

62 :病弱名無しさん:2007/12/04(火) 00:47:41 ID:Eb77/+xC0
>>61
そういうこと。
すまん、「おk」がまずかったか? 「OK」ってことな。


51 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)